人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【あさイチ】豆苗の栄養効果は?|自宅での栽培のコツと豆苗レシピも!

2020年2月25日放送【あさイチ】では、スーパーで1パック100円前後で売られている「豆苗(とうみょう)」の大特集でした。

  • 豆苗の栄養効果は?
  • 美味しく食べるレシピは?
  • 自宅での栽培方法は?

【あさイチ】で紹介されて知って役立つ豆苗情報をまとめてみました。

豆苗の栄養効果

豆苗にはビタミン類がバランスよく含まれています。

豆苗に含まれる栄養
  • βカロテン(ビタミンA)
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • 葉酸

ビタミンACE(エース)が含まれていますね。美容やシミ予防に効果的です。

以前【あさイチ】で紹介された【葉酸】も含まれています。

豆苗のビタミンや葉酸は水溶性なので、茹でるよりは電子レンジの調理が向いているようです。

ただし、お鍋やスープして煮汁まで食べれば、溶け出た水溶性ビタミンも逃さず食べれます。

βカロテンの吸収率をアップ

【あさイチ】ではβカロテンの吸収率を大幅にアップさせる方法が紹介されました。

その方法は?→オリーブオイルを使う

βカロテン、ビタミンE、ビタミンKは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に吸収するのが必要とのこと。オリーブオイルの油が、βカロテンの吸収を助けます。サラダ油でもいいようですよ。



豆苗を美味しく食べる

高級食材だった豆苗

豆苗はシャキシャキしていると美味しいですよね。中華料理のシェフ譚彦彬さんは、豆苗のシャキシャキ感を失わない食べ方を教えてくれました。

シャキシャキにする方法

質問:豆苗のシャキシャキ感、炒める前に何をする?

答え:豆苗を沸騰したお湯にくぐらせる

炒める時間が長くなればなるほど、水分がでてシャキシャキ感が失われます。

10秒、湯にくぐらせれば、炒める時間を短縮できます。

お湯に塩とサラダ油を入れるとなおいいようです。

  • 塩→色を鮮やかに
  • サラダ油→旨味をとじこめる

また、湯にくぐらせた豆苗はキッチンペーパーでお湯を拭き取るとさらにいいようです。

ガーリック炒めレシピ

調味料

  • 中華スープ大さじ1
  • 塩1つまみ
  • 片栗粉1つまみ

【作り方】

  1. 油をひき、刻みニンニクを1つまみ入れる
  2. お湯にくぐらせた豆苗と調味料入れてさっと炒める

豆苗を栽培するコツ

豆苗の栽培方法

豆苗を栽培するポイントは4つあります

豆苗を栽培するコツ4つ
  1. 容器
  2. 日当たり
  3. 切る位置

【容器】

容器は大きめに。指が1本くらい入るものがよいようです。

【水】

水の量はある程度あるほうが良いです。少ないのはNG。

ただし、水の量は豆の下まで。豆が水に浸ると、カビが生えて傷んでしまいます。

水替えは1日1回。新しい水を入れ替えましょう。

【日当たり】

豆苗の成長に必要なのは光。明るさが大事です。豆苗は日の光には比較的強いとのこと。窓際に置くといいですね。

とはいえ、【あさイチ】によると、真夏は光が強すぎるので直射日光を避けるほうが良いとのことです。

【切る位置】

豆の3センチ上を切ります。わき芽を2つ残すため、豆から3センチくらい上を切るのがよいようです。

【写真】豆苗のわき芽1とわき芽2

わき芽は上の目を残したほうが、速く伸びるようですよ。

まとめ

【あさイチ】で紹介された豆苗情報。どれも役立つものばかりでした。

安くて栄養効果ばつぐんの豆苗。わたしも自宅で栽培してみようかな。

みなさんもぜひお試しあれ。