人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

ブロッコリースプラウト栽培の仕方|自宅のキッチンで育てる方法

ブロッコリーの芽であるブロッコリースプラウトは天然のサプリメントとも表現されるほど、豊富に栄養素を含んでいます。なかでも注目されているのは、肝機能を高めてくれるとされているスルフォラファングルコシノレートという成分です。

スルフォラファングルコシノレートを摂取することで肝機能が高まり、解毒・抗酸化・抗炎症といった防御機能が活性化し、より一層元気になれるとのことで、これを読むだけでも積極的に摂取していきたい気持ちとなるのではないでしょうか。

そこでおススメなのが、ブロッコリースプラウトを自宅で栽培する方法です。この方法であれば、ブロッコリースプラウトを欠かすことがありませんし、キッチンに近い場所に置いておけば、手を伸ばして摘み取るだけで料理の中に取り込めます。

ブロッコリースプラウト栽培キット

ブロッコリースプラウトの栽培は栽培キットがあれば簡単です。もちろん自分で必要な道具や設備を準備することもできます。

自分に合った方法をお選びください。

ブロッコリースプラウト栽培の注意点

ブロッコリースプラウト栽培の注意点

結論から先にご紹介すると、ブロッコリースプラウトの栽培はとても簡単ですので、以下に栽培方法をご紹介していきたいと思います。どのようなものでもそうですが、自宅で何かを栽培する場合に知っておくべきは、失敗しないためのポイントです。ブロッコリースプラウトの栽培においても、栽培に失敗しないためのポイントがいくつかあります。

まずは栽培前の準備編として、3つのポイントをご紹介します。1つ目は、夏の栽培を避けることです。この理由は、雑菌の繁殖を避けるためです。次に、種はスプラウト専用のものを用意することです。通常のブロッコリーの種の場合、殺菌剤などが付着している可能性があるためです。そして、容器は発芽タイミングを揃えられるように底が平たいモノを選ぶようにするのが3つ目のポイントとなります。

続いて栽培編として2つのポイントがあります。まずは種まき後は20度前後に温度をコントロールすることです。冬場には発泡スチロールの箱を使うなどして温度管理を行います。他方は、芽が出てからは1日1回の水替えを行うことです。春も終わりとなれば気温が高くなってきますが、この場合には1日2回の水替えをするようにしましょう。ブロッコリースプラウトは菌類の繁殖にとてもデリケートであるためです。

ブロッコリースプラウト栽培の仕方

栽培の仕方

上記を踏まえた上で、ブロッコリースプラウトの栽培に取り組むには、まずスプラウト用の種、栽培容器、底に敷くペーパータオルまたは薄めのキッチンスポンジ、水さしを用意します。

用意するもの
  • スプラウト用の種
  • 栽培容器
  • 底に敷くペーパータオルor薄めのキッチンスポンジ
  • 水差し

そして、用意したペーパータオルやキッチンスポンジを容器の底の大きさに合わせてカットして、底に敷き、それらがひたひたになるくらい水を注ぎます。ここまでの準備ができたら、いよいよ種まきです。

種まきは、種が重ならないように底面全体にまくように心がけましょう。できるだけ種に直接触らないようにするのも、ブロッコリースプラウトをうまく栽培するコツです。小皿などに移して、パラパラと全体に広げるようにまくのがおススメです。面倒なように見えるかもしれませんが、いざ挑戦してみると、とても簡単なものなので、是非こちらの内容を参考としながら栽培に臨んでいただければと思います。

種をまき終わった容器は段ボール箱などに入れ、光を当てないようにして発芽を待ちます。温度を20度前後にキープしなければならないだけでなく、種が乾かないように霧吹きなどでそっと水をかけます。小さな芽が出そろったら、芽が浸かる程度に水を注ぎ、容器をそっと傾けて水を捨てます。勢いよく捨てると、せっかく発芽した種まで流れて行ってしまいます。あくまで地道な作業を繰り返しつつ3~5日ほどすれば、栽培したブロッコリースプラウトがだいぶしっかりしてきていると実感できると思います。

栽培する時期にもよりますが、約1週間で5~6cmまで育ちますので、このくらいの大きさになったら、箱から取り出して日当たりの良い場所に移しましょう。丸一日、太陽光に当てると、黄色かった双葉がグリーンに変わっていきます。双葉がしっかり開いて色が変わったら、根本から切って収穫します。

これまでご紹介してきたように、ブロッコリースプラウトは簡単な準備をするだけで栽培することができます。ここでよく質問されるのが、ブロッコリースプラウトを摘み取った後、そこにまた発芽してブロッコリースプラウトが育つのかどうかですが、答えはNoですので、その点には注意しておきましょう。ブロッコリースプラウトは種が発芽した部分を食べるものであり、一度発芽した種はもう二度と発芽することはありません。このため、繰り返し栽培と収穫を繰り返すことができないのも、ブロッコリースプラウトの継続的な栽培の難しさといえるかもしれません。




感想とまとめ

以上を眺めつつ、ブロッコリースプラウトの栽培が面倒に思えているようであれば、最初から栽培キットを用意しておけば、よりよい育成環境が得られるようになるでしょう。自然的な感覚はそれほど養えないかもしれませんが、理科についての知識を高めていく良い経験にもなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA