人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【林修の今でしょ講座】ピーナッツの栄養効果|血管を強くし花粉症にも効果的

2020年2月25日放送【林修の今でしょ講座】は大注目の長生きパワー「枝豆」VS「ピーナッツ」最強豆の頂上決戦でした。

  • ピーナッツの健康効果は?
  • ピーナッツの効果的な食べ方は?

この記事は【林修の今でしょ講座】で紹介されたピーナッツの健康効果についてまとめました。参考にどうぞ。

専門家:矢沢一良先生

ピーナッツの栄養効果

ピーナッツのオレイン酸

ビーナッツの49.6%は脂質(油)。ピーナッツに含まれる油は悪玉コレステロールを減らし血管を丈夫に強くします。

油というと体に悪そうに思うかもしれませんが、ピーナッツの油は血管を強く丈夫に保つ大切な栄養素です。

【林修の今でしょ講座】によると、ピーナッツを食べる人には長生きの人が多いとのこと。

ピーナッツを食べる目安は1日20〜30粒です。

ピーナッツは花粉症対策にもなる

これからの季節、怖いのは花粉症ですよね。

【林修の今でしょ講座】に専門家として登場した矢沢一良先生によると、ピーナッツは花粉所対策にもなるようです。

花粉症対策の記事一覧→

ポイントはピーナッツの薄皮。

  • 薄皮に含まれるポリフェノールの1つ、レスベラトロールが花粉症対策になる

ピーナッツの薄皮には強い抗酸化作用を持つポリフェノールの1つレスベラトロールが含まれています。これが花粉症対策になる効果を期待できます。

そして、効果的に花粉症対策をするにはピーナッツとお米を一緒に炊くと良いとのこと。ピーナッツに含まれるポリフェノールの吸収効率をアップできるようです。

また、普通に食べるよりもミキサーで粉々にして食べるのも、栄養成分の吸収効率が良いようですよ。



ピーナッツの効果的な食べ方

ピーナッツバターの画像

【林修の今でしょ講座】では、糖質の吸収を遅らせるピーナッツの食べ方が紹介されました。

  • 朝食のパンに無糖ピーナッツバターを合わせる

ピーナッツバターのオレイン酸&タンパク質で血糖値の上昇を遅らせることができます。

もちろん、使用するのは無糖のピーナッツバターです。

さらに…

  • 揚げ物のパン粉代わりにピーナッツを使う

これも血管を老けさせない、ピーナッツの効果的な食べ方でした。

揚げ物は油が酸化されやすいですが、ピーナッツのオレイン酸は熱に強く酸化しにくいのが理由です。

まとめ

【林修の今でしょ講座】で特集されたピーナッツ。まだまだ知らないパワーがありますね。血管を老けさせない働きは嬉しいです。

ピーナッツバターも美味しくて健康的。自宅に常備したいと思いました。

【林修の今でしょ講座】その他の記事 →