人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

上手な話の聞き方、テレビタレントのようにはならない

むん
聞き方のコツを教えてください。
タメタメ
テクニックではなくて、とにかく真剣に聞くということです。

 

成功者には「聞き上手」の人が多いですね。

 

では、話を上手に聞くための大切なポイントはなんでしょうか?3つ紹介します。

 

それは「人を大切にする3つのポイント」とも言い換えられます。会話をしているときも、人に関心を持ち、大切にするようにしましょう。

 

そして、最後に「テレビタレントのようになるな」の意味を説明します。

 

 

上手な話の聞き方その1 否定しない

人が話を気持ちよくできるのは、相手が否定せずに聞いてくれているときです。もちろん、意見を交わすのは大事です。

 

自分は人の話を否定なんかしていないと思いますか?

 

そんな人は、誰かと会話をしているときに、自分が「でも」「だけど」「そうは言っても」などの単語を連発していないか、意識を向けてみてください。

 

「でも…」なんて、結構、無意識で使っていることが多いですよ。

 

「要するに」とかも注意が必要です。間接的に「あなたの話、まとまりがなさすぎ」と言っているようなものですからね。

 

自分の意見を言うのは大切です。違った意見があるのが会話の醍醐味です。それでも一方的に自分の考えを押し付けないように、「でも」の連発に注意しましょう。

 

上手な話の聞き方その2 ほめる

「否定しない」の発展バーションです。

 

ほとんどの人は基本的に「認めて欲しい」「否定しないで欲しい」「頑張りを知って欲しい」という欲求があり、会話のときには、そうした思いがふしぶしに現れます。

 

「否定しない」だけでなく、相手を認めて「ほめ言葉」をかけてあげられる人は、聞き上手です。ささいなことでも構いません。聞きながら、ほめられるところがないか探し、具体的にほめましょう。

 

でもほめポイント探しに注意がいきすぎて、話そのものを聞いてなかったなんてことがないように注意しましょう。あくまで自然体で。でも会話の目標は、相手のいいところを見つけることです。

 

上手な話の聞き方その3 質問する

人は自分に興味を持ってもらえたら、嬉しいものです。それは会話でも同じです。

 

相手の話に興味を持って、どんどん質問しましょう。

 

POINT*自分が聞いたことのないような言葉、コト、モノ

*聞いていて、何か違和感を感じたコト、引っかかり

*プライベートなコト などなど。

 

質問をするというのは、自分が相手とその話に興味を持っていることを伝えるものです。そして、一つの質問で単調な会話が雪だるま式にどんどん発展していきます。

 

でも、質問ぜめはやめましょう。会話はキャッチボールなので、一方的に相手に話させるのではなく、相手にも質問してもらい、自分のことを話すことも忘れずに

 

番外編 テレビタレントのようになるな

最後に、テーマにもある「テレビタレントのようになるな」という意味ですが。

 

テレビタレントが会話で重視しているのは、リアクションです。

 

テレビを見ている視聴者がいるという性質上、その視聴者に会話の反応を届けなければいけません。だから大げさなリアクションをして、会話の内容を視聴者に届けています。

 

POINT

*タレントのように、気の利いたコメントを返そうとしない。

*どんなコメントやリアクションで相手に喜んでもらおうか、考えない。

*テクニックではなく心で聴く。

 

会話のときに「反応する」というのとても大切な要素です。質問したり、ほめたりするのも反応です。でもそれはあくまで自然なものであるべきです。

 

普通、タレントや芸人は、次にどんなリアクションを取るか考えながら、人の話を聞いています。人の話はんぶん、自分がどうリアクション取るかはんぶんだと思います。話そのものにそんなに興味はありません。それが仕事だからです。

 

私たち一般人はテレビタレントのように会話をしている最中から、どんなリアクションを取るべきかを考えないようにしましょうです。次に相手に何を言おうか、どんなリアクションを取ろうかと考えすぎて、話そのものを聞いていないなら、本末転倒です!

 

それは会話の基礎である「相手を大切にする」という原則から外れてしまっています。

 

テレビではそれはオッケーです。目的があるから。

 

でも普段の会話で、「自分はこの話にどんなリアクションを取るべきか」などと考えすぎないようにしましょう。

 

リアクションや反応などのテクニックで相手の心を喜ばせないように。

 

ポイントのまとめ

  • 人の話を上手に聞くためには、1否定しない 2褒める 3質問する ことです。
  • タレントのように、気の利いたコメントやリアクションをしなくて大丈夫です。
  • テクニックで相手の心を喜ばせないようにしましょう。誠実さが欠けています。
タメタメ
上手な聞き方の本質は、「心から真剣な態度で相手のはなしに興味を持つ」ですよ〜