人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

マウントを取る人への対処法はシンプルに1つ|絶対に自分を守ろう!

職場や学校で、何かと優位に立ちたがる人がいます。それを今風の言葉で表現すると「マウントを取ってくる人」です。

今日は「マウントを取る人」から自分を守るシンプルな対処法その結果を説明します。

「マウントを取る」の意味はこちらをごらんください

マウントを取る人への対処法はシンプルに1つ

マウントを取る人への対処法はシンプルに1つ「ほうっておく」です。「スルー」です。「距離を置く」です。

マウントを取る人は、往々にして「言葉」で優位に立とうとしてきます。それは「自慢」や「批判」かもしれません。とはいえ、実際に馬乗りされて、マウントポジションを取られ、タコ殴りにされるわけではないので、基本的には聞き流しておけば大丈夫です。優位に立ちたい人に対処するシンプルな方法は「ほうっておく」です。

「はいはい」「あー、そうですかー」と、心を無にして聞き流しておけばいいのです。そして距離をおいてください。距離をおいて、付き合う必要がないなと思ったら、付き合いをやめましょう。職場でどうしても関わらなければいけない時は、最低限の付き合いに抑えましょう。いつも優位に立ちたい人と一緒にいると消耗しますよ。

マウントを取ってくる人の言葉は聞き流して、自分を守ることをいつも最優先にしましょう。

まずい対処法は「真に受けること」

マウントを取ってくる人に対して、一番まずい対処法は「相手の言葉を真に受けること」。相手の自慢やアピール、そして批判言葉を真に受けると、動揺します。そして、自分の価値が揺さぶられます。しかしそれこそが「マウントを取る人」が達成したい目的です。彼らはいつも優位に立ちたいと思っています。

ですから相手のアピールや自慢を聞いて、「すごいなー」とか「自分はできてないなー」と決して思わないでください。彼らの言葉はしょせんいつも「ただの言葉」。行動は伴っていないことが多いから、間に受けなくて大丈夫です。

マウントを取ってくる人の自慢やアピールは聞き流して、行動を見るのも大切です。それについてはこちらの記事をごらんください。

言葉でマウントを取ろうとしてくる人に対しては、行動を見る

「マウントを取る人」の視線はいつも「上下関係」

マウントを取る人は、いつも人間を上下関係で見ています。ですから、私たちの行動や実績が彼らを上回ったとき、彼らは急に低姿勢になります。自分より上だと判断するからです。

マウントを取る人は、言葉でなんとか自分の優位性を保とうとする、自信のない人なんですね。褒められたり、認められたりすることが少なかった人たちです。もし、あなたが優しい人なら褒めてあげてください。それで、「優位に立ちたい病」が収まることもあります。

私たちも人間関係をできるだけ「上下」ではなく「並列」で見ると、生きやすくなります。それについては、名著「嫌われる勇気」をお読みください。

対処法まとめ

マウントをとる人への対処法まとめ!
  1. マウントを取ってくる人へのシンプルな対処法は「ほうっておくこと」
  2. 逆にまずい対処法は「真に受けること」。相手にしてはいけません
  3. 彼らは自信がないので、あなたが優しい人なら、褒めてあげてください
  4. 褒めるのがキツイなら、無理せずに距離をおきましょう