人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【2018M-1】上沼騒動「ウーマン村本の意見」村本さん、好きではないけど…

【2018M-1グランプリ】上沼審査員・批判騒動。本当にいろんな芸能人がコメントを出していますね…。もう追いきれません。その中でも、ウーマン村本さんのコメントは「一理ある」と思いました。彼のこと、好きではないけど…ww

 

この記事のPOINT

1.ウーマン村本さんのコメント紹介

2.僕の感想(2つ同意、1つ疑問)

上沼騒動に対する他の人のコメントと僕の感じ方はここにまとめています。超大作です。読むのに時間がかかります。お時間のある方はどうぞww

https://coffeemachi.com/notes-comedy-m1-kaminuma-matsumotohitoshi-imadakoji-bakushomondai/

 

【THE W】がつまらないと感じたあなた。それ正解ww こちらへどうぞ。

ウーマン村本さんのコメント紹介

Yahoo!ニュースより、ウーマンラッシュアワー村本さんのコメントを紹介します。

村本は「M―1の出場資格はいま結成15年未満。最初の10年以内に戻すべき。10年未満の時が一番謙虚。尖ってはいるけど健全な尖り方。自分のせいにして芸を高める」と 「M―1グランプリ」の出場資格について私見。

続けて「15年はだめ。変に仕事もプライドも劣等感もある。それが集まって飲みの話もネガティブになる。若さへの嫉妬から怒りのやり場を探す」と指摘した。騒動の当事者である武智の「スーパーマラドーナ」は結成15年目で、今年がM―1出場資格のラストイヤーだった。

引用元:Yahoo!ニュース

 

ニュースが引用したツイッター投稿

ニュースの元ネタになっている村本さんのツイッターはこちら。一応、僕も「いいね」押しました。村本さんの投稿に「いいね」押したの、初めてだww

 

村本さんのコメントをまとめると

このツイッター投稿の要点を僕なりにまとめるとこうなります。

1 M-1の出場資格を10年以内に戻すべき

2 芸歴15年の芸人は変に仕事もプライドも劣等感がある

3 若さへの嫉妬から怒りのやり場を探す

 

それではウーマン村本さんに対する僕の感じ方を紹介します。

 

ウーマン村本さんのコメントに対する僕の感想

 

僕は「同意できる点」と「同意できない点」がありました。一つずつ説明します。

 

ウーマンラッシュアワーの【THE MANZAI 2018】時事ネタに対する感想はこちらでどうぞごらんください。ほとんど触れてないけどww

https://coffeemachi.com/notes-comedy-themanzai2018-neta-impressions/

 

村本さんのコメントに同意できる点その1

それは「M-1の出場資格を10年以内に戻すべき」です。

 

確かに「コンビ結成15年以内」だと、年齢も40歳前後の漫才師が登場します。すでに経験があったり、プライドもあるでしょう。スーパーマラドーナ武智さんのように、「【M-1】に全てをかける」という、あまりの真剣さが、視聴者をひかす要因になります。

 

【M-1】の出場資格がコンビ結成10年以内だった理由

そもそも、【M-1】の出場資格がコンビ結成10年以内だった理由は、島田紳助さんがはっきりと述べています。以下、ウィキペディアから引用。

 

島田紳助は構想時に、出場資格を若手に限定したことについて、「昔の司法試験のように、30代になっても結果が出ない場合は、止めないと不幸である」と発言。

https://ja.wikipedia.org/wiki/M-1グランプリ#出場資格

 

「10年も芸人を続けて、決勝にも来れないなら、引退して転職した方がいい」という趣旨でした。

 

若手の漫才大会の方が見ていて清々しい

僕も出場資格を本来の10年以内に戻して、若手の漫才大会にした方が、気持ちよく笑えると思います。ここは、主催者がどういう調整ができるかわかりませんが、本当に変わっていくかもしれません。

 

「スーパーマラドーナ」や「ジャルジャル」、もちろんネタは見てて面白いんですよ。でも、番組内におけるコメントを聞いていると、「重い」。【M-1】は売れない中堅芸人のドキュメンタリーではなくて、未来のスターを発掘するお笑いショーであってほしいのです。

 

それで、ウーマン村本さんの「出場資格を10年以内に戻すべき」という意見には同意します。

 

だからこそ、今回の「霜降り明星(2013年結成)」の優勝は、見ててとても気持ちが良かったです。「霜降り明星」についてはこちらの記事で。

https://coffeemachi.com/notes-m1-simohurimyojo-matome/

 

村本さんのコメントに同意できる点その2

もう一つ、同意できるのは「芸歴15年の芸人は変に仕事もプライドも劣等感がある」です。

 

今回、騒動を引き起こしたとろスーパーマラドーナの武智さんは、確かに「変に仕事もプライドも劣等感がある」かもしれません。

 

大阪でもレビュラー番組があります。

引用:ウィキペディア

 

もし、実績がなければ、「上沼恵美子」に噛み付くなって、とんでもないことですからね。トム・ブラウンなら、あり得ないでしょう?ww

 

武智さんの年齢も40歳、M-1にも4年連続出場。どこかに「自分は面白い芸人」という「プライド」が芽生えていたのでしょう。初めての決勝進出なら、絶対にありえない言動です。

 

村本さんのコメント、1つの疑問

それは「若さへの嫉妬から怒りのやり場を探す」の部分です。僕は「華への嫉妬」だと思います。

 

とろサーモンの久保田さんは明らかに「ミキのM-1出場」に過剰反応していました。

 

そして、上沼恵美子さんが応援したのも「ミキ」。理由も「大好き」。

 

いや、僕もカチンときましたよ。【THE MANZAI プレマスターズ】でも「ミキ」が勝ち上がってきましたからね。

 

でも「ミキ」は若さで人気があるのではなく「華」なんですよね。これだけはどうしようもない…。

 

ちょっと、村本さんのコメントから論点はずれましたが、芸人が嫉妬するのは「若さ」ではなく「華」だと思います。

 

ウーマン村本さんコメントに対する僕の感想まとめ

そんなこんなで、村本さんのツイッターコメントに対する僕の感想をまとめると。

 

  • 僕も出場資格はコンビ結成10年以内に戻した方がいいと思う
  • すでに売れている芸人は出場しなくても良い
  • 若手のフレッシュな漫才が見たい
  • 武智さんは40歳、4年連続出場で、謙虚な気持ちが薄れていた
  • トム・ブラウンは噛みつかないww

 

です。すみません、最後はふざけました。

 

ちなみに【M-1】は出場資格がコンビ結成10年未満の時代の中でも、特に2003年〜2007年が面白かった〜。僕が考える歴代最高のチャンピョンは「ブラックマヨネーズ」です。また、テレビで漫才してほしい〜。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA