人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【阿佐ヶ谷姉妹】まとめ 「THE W 2018 」優勝にふさわしい3つの魅力

【THE W 2018】で見事優勝を果たした「阿佐ヶ谷姉妹」の情報をまとめてみました。さらに、僕が感じる「阿佐ヶ谷姉妹」の3つの魅力も紹介します。

 

この記事のポイント1.阿佐ヶ谷姉妹【THE W 2018】優勝

2.阿佐ヶ谷姉妹の過去ネタ動画

3.阿佐ヶ谷姉妹のプロフィール

4.僕が感じる阿佐ヶ谷姉妹の3つの魅力

 

【THE W 2018】のまとめ記事はこちら

【THE W 2018】がつまらなかった理由はこちらですww

 

今一番読まれている記事はこちらです。

【IPPONグランプリ2018冬】お題と1本とった全回答。そして優勝は…?

阿佐ヶ谷姉妹【THE W 2018】優勝のまとめ

【THE W 2018】は阿佐ヶ谷姉妹が見事に優勝を収めました。その活躍をまとめています。

 

阿佐ヶ谷姉妹のまとめ_THE_W_2018_優勝

女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W』が10日に生放送され、阿佐ヶ谷姉妹が2代目王者に輝いた。エントリー総数606組の頂点に立ち、優勝賞金1000万円と視聴率の合計が100%になるまで希望の番組に出演できる副賞の『日テレ100%券』、冠番組の資格を獲得した。

引用:news.livedoor.com

 

おめでとうございます。最終決戦のメンバーの中では、圧倒的な力量でしたね。得票数がそれを物語っています。

 

阿佐ヶ谷姉妹【THE W 2018】の成績

THE_W_2018_阿佐ヶ谷姉妹の成績

 

第5試合(得票数)

阿佐ヶ谷姉妹(217)

紅しょうが(184)

 

最終決戦(得票数)

優勝:阿佐ヶ谷姉妹(184)

2位:横澤夏子(114)

3位:ニッチェ(37)

4位:合わせみそ(35)

5位:あぁ〜しらき(31)

 

こうしてみると、最終決戦は圧勝でしたね。一回戦の「紅しょうが」との戦いは接戦でした。というか、負けてもおかしくなかったよw 知名度と人気で、かろうじて勝ったという感じでした。でも、それも実力のうちです!

 

阿佐ヶ谷姉妹の過去ネタ動画

以下は阿佐ヶ谷姉妹の過去ネタ動画です。一応、自分で見て面白いと思ったものを厳選していますw

 

これは神動画ww おふざけと実力のギャップに笑うw

 

出世作。細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 阿佐ヶ谷姉妹のまとめ。確実に笑う。

 

こちらも代表作。由紀さおり安田祥子姉妹。僕はこれで彼女たちを知りました。

 

BUMP OF CHICKENのつかみネタww しっかりとしたネタですね。

 

以上、過去動画でした。やっぱり歌ネタに強い印象がありますね〜。

 

阿佐ヶ谷姉妹のプロフィールのまとめ

阿佐ヶ谷姉妹のプロフィールをまとめました。

 

画像引用

 

阿佐ヶ谷姉妹ASH&Dコーポレーション所属

 

 

  • 渡辺 江里子(わたなべ えりこ、1972年7月15日(46歳) – )
役割は姉でツッコミ担当。立ち位置は右。栃木県出身(東京都生まれ)、血液型はA型。明治大学文学部卒業。中学校、高等学校の国語の教員免許を所持。趣味は演芸鑑賞、トランペット。とんねるずの石橋貴明から「マラソンランナーの土佐礼子に似ている」と言われたことがある。2012年頃から「歌うま芸人」としてバラエティ番組に出演することも。林家ペー・林家パー子夫妻は遠縁[1]。好きな男性のタイプは伊東四朗[1]
  • 木村 美穂(きむら みほ、1973年11月15日(45歳) – )
役割は妹でボケ担当。立ち位置は左。神奈川県出身、血液型はA型。洗足学園短期大学(現:洗足こども短期大学)音楽科卒業。趣味は仏像鑑賞、ピアノ。好きな男性のタイプは中嶋悟[1]。コンビでレギュラー出演している『マスカットナイト』では驚異のポンコツぶりを発揮しており、相方の江里子のみならず共演者たちからも度々いじられる。
引用:ウィキペディア

 

まあ、もういうまでもないですが、2人は本当の「姉妹」ではありません。説明不要でした?ww でも、渡辺さんはお姉さんっぽいし、木村さんは妹っぽいんですよね。

 

僕の興味は渡辺さん。「林家ペー・林家パー子夫妻は遠縁」ww

 

阿佐ヶ谷姉妹の芸風と略歴

阿佐ヶ谷姉妹の芸風と略歴です。

東京乾電池研究所在籍中に知り合い、その後結成。2007年10月22日デビュー。当初は梅津ノリジの事務所「オフィスプラム」に所属していた。その後、フリーを経て2012年4月22日よりASH&Dコーポレーション所属。

漫才・コントをともに行う。漫才での衣装はピンク色のドレスで揃えている。老け顔に加え芸人デビューが遅かったこともあり、おばさんの自虐を盛り込んだしゃべくり漫才がメイン。高い歌唱力を活かした歌ネタを得意とし、フランシス・レイ『男と女』の替え歌をハモりながら歌うブリッジを用いる。

2008年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」の第13回にて由紀さおり・安田祥子姉妹のモノマネを演じ準優勝、第14回、第15回はファイナリスト。第22回では、得意の歌ネタを封印し、風貌を活かしたスーパーでの主婦万引きの現場、喫茶店での霊感商法、区役所から派遣された民生委員、駅前での宗教勧誘を披露し優勝。由紀さおり・安田祥子姉妹ネタのみ通常と立ち位置が逆になる。

引用:ウィキペディア

2人が出会った「東京乾電池研究所」というのは劇団ですね。座長は柄本明さん。

 

ネタの印象が強いのはやはり「歌ネタ」。先ほどの動画にもありましたが、歌唱力が傑出しています。歌唱力が強いから、そこをギャップにして笑いが生まれる。「緊張と緩和」の使い方が上手ですね〜。

 

僕が感じる阿佐ヶ谷姉妹の3つの魅力

(ツイッター:@asagayanoane

 

ここからは、僕個人が感じる「阿佐ヶ谷姉妹の3つの魅力」を紹介しますね。主観ですw

 

阿佐ヶ谷姉妹の魅力1:愛される「人柄」

2人とも、とにかく人から愛されています。

 

優勝報告に対するツイッターのリプです。全部を載せると読みにくくなりますので、1つだけ。

加齢に悲観的な女性たちの心を救って下さったお2人にいつも感謝しております。

 

忘れないでください、「阿佐ヶ谷姉妹」は「お笑い芸人」ですw なのに【THE W】で優勝して、ファンに感謝されています。

 

こんなリプがたくさん並んでいます。本当に人に愛される「人柄」なんでしょうね。あえて「キャラクター」とは言いません。お二人は「キャラ」ではなく、包み隠しのない「人間性の良さ」がにじみ出ています。

 

阿佐ヶ谷姉妹の魅力2:品の良さ

僕は、阿佐ヶ谷姉妹のなんとも言えない「品の良さ」が好きです。

女芸人が笑いを取りに行こうとすると、どうしても「品」がなくなりがちです。特に、男性を笑かそうとするときはそうですね。

 

【THE W 2018】でいうと「あぁ〜しらき」とか。売れている芸人でいうと「森三中」とか。それはそれでいいのですが。

 

僕個人は「品」がある女芸人が好きなんです。

 

でも上品な女芸人が、男を笑かすのって、相当難しいんですよね。かなりのネタ技量がないと、難しい。「友近」なんかはそれができています。

 

そして、【THE W 2018】で優勝した「阿佐ヶ谷姉妹」も上品でありながら、男も女も笑かすことができる。これが阿佐ヶ谷姉妹の2つ目の魅力ですね。

 

阿佐ヶ谷姉妹の魅力3:圧倒的な歌唱力

阿佐ヶ谷姉妹の圧倒的な歌唱力も魅力の一つです。

阿佐ヶ谷姉妹の圧倒的な歌唱力も魅力の一つ

画像:リアルライブ

 

阿佐ヶ谷姉妹の3番目の魅力は圧倒的な歌唱力です。

 

これ聞いてみてください。渡辺さん、まじ、戦闘モードです。点数は?

 

この傑出した歌唱力があるから、「自虐」や「すっとぼけ」が効いてくるんです!先ほどもいいましたが「緊張と緩和」ですね。2人はこの「歌ネタ」では、絶対に負けないという自信が見えます。

 

しかし!その絶対的な「歌ネタ」を封印しての【THE W】優勝。お見事としかいいようがありませんね。これからますます活躍されると思います。

 

まだまだ阿佐ヶ谷姉妹のことを知りたい方は、NAVERへどうぞww

 

他にもお笑い記事を書いていますので、よかったらお読みください。

https://coffeemachi.com/notes-comedy-themanzai2018-neta-impressions/

https://coffeemachi.com/notes-comedy-m1-2018-matome/

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA