人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】知らなきゃ損?

【IPPONグランプリ】はつまらない?2018冬は?理由&僕の感想

IPPONグランプリ_つまらない_僕の感想

【2018 IPPON グランプリ冬】優勝はバナナマンの設楽統さんでした。今年は「つまらない」放送だった?僕は面白かったと思いますが、バカリズムと山内さんへの審査が厳しかったかな…。少しだけ、マンネリ化も感じました。

 

この記事では初めに【2018 IPPON グランプリ冬】がつまらないと感じた点を紹介。その後、過去の【IPPON グランプリ】を見て、つまらない声が上がる理由を検証しました。

 

【2018 IPPON グランプリ冬】のお題と全一本回答はここにまとめていますので、どうぞ。

【IPPONグランプリ2018冬】お題と1本とった全回答。優勝は「設楽」感想も…

【2018 IPPON グランプリ冬】の出演者とお題

【2018 IPPON グランプリ冬】はつまらない?僕は面白かったと思う

【2018 IPPON グランプリ冬】はつまらなかったでしょうか?僕は面白かったと思います。でもつまらなかったシーンもあります。

 

IPPONグランプリつまらない?僕の感想は面白い

(浜田はどうなると死ぬ?バカリズム「うらがえすと、起き上がらずに死ぬ」ww)

 

【2018 IPPON グランプリ冬】を見ていて、つまらなかったのは。

 

  1. クッキーの回答
  2. クッキーの連続かぶせ回答に対する甘めの審査
  3. バカリズムに対する厳し目の審査
  4. かまいたち山内に対する厳し目の審査
  5. 決勝のCM多すぎ。テンポの悪さ

 

まとめると「審査の忖度」と「イロモノ枠のでき」、「決勝戦の放映の仕方」ですね。まあ、僕の思いとしては…ギリギリ許容範囲です。

 

他にもお笑い番組の感想記事を書いています。つまらないのも、つまらあるのも…(笑)

【THE W】「つまらない」

【THE MANZAI 2018】「つまらある」w

【M-1_2018】「つまらないある」www

 

ここからは、過去の【IPPON グランプリ】がつまらない理由を検証していきます。過去の【IPPON グランプリ】はこちら(フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
)で見れます。他にもたくさんお笑いやドラマ番組が見られて、今なら1ヶ月無料ですよ。ぜひ、お試しあれ。

 

理由1・出演者がつまらない

「出演者がつまらない」は、確かに当たり外れがあるかもしれません。

 

2016年秋の【IPPON グランプリ】にて、芸人の永野さんが「つまらない」と大炎上しました。

 

 

これは、おそらくテレビ局が「ギザギザ枠」を一つ作っていることが原因だと思います。「若手」や「イロモノキャラ」を1人登場させると、番組が盛り上がるのでしょう。過去には「サンシャイン池崎」さんもこの枠でした。

 

確かに、ここの枠が当たれば、番組が大盛り上がりするのですが、大外れするパターンも。「永野」さんは残念ながら後者でしたね。

 

2018冬の【IPPONグランプリ】出演者は?

ちなみに2018冬の【IPPONグランプリ】出演者は以下となります。

【IPPONグランプリ2018冬】お題は?出演者は?「浜田はどうなると死ぬ…(笑)」

 

1・川島明(麒麟) 【優勝1回】

2・クッキー(野性爆弾)

3・設楽統(バナナマン) 【優勝2回】

4・大悟(千鳥)

5・千原ジュニア(千原兄弟) 【優勝2回】

6・博多大吉(博多華丸・大吉) 【優勝1回】

7・バカリズム 【優勝4回】

8・堀内健(ネプチューン)【優勝3回】

9・山内健司(かまいたち) 【初出場】

10・若林正恭(オードリー) 【優勝1回】

 

ここでいう「イロモノ枠」は、おそらくクッキーさんですね。ただし、クッキーさんはふざけているようで、実力がしっかりあり、絵も上手なので、永野さんのように炎上することはないと思います。

 

初出場の山内健司さん(かまいたち)も安心して見ていられますね。

 

2018冬の【IPPONグランプリ】、出場者でつまらなくなることはないと思います。

 

理由2・出演者同士の審査に忖度がある

「審査に忖度がある」と感じる人がいるようですね。それはIPPONグランプリの審査ルールと関係していると思います。

 

IPPONグランプリ審査ルール

(画像:公式サイトより)

 

要約すると

芸人10名がAブロックとBブロックに分かれ、お互いのブロックの芸人を審査。決勝は予選敗退した芸人が、決勝に進出した2人を審査。

 

僕は「M-1」や「キングオブコント」のような、真剣なコンテストではないので、この審査方法で問題ないと思います

 

とはいえ、この審査方法が「忖度問題」を引き起こしているのは確か。よく名前があげられるのは「千原ジュニア」さんへの忖度。それがあるのかどうかはわかりません。もしかしたら、ジュニアさんの大喜利はお笑い芸人には受けるけど、素人の感覚では分かりにくいだけかも。

 

個人的には「忖度問題」があったとしても、それが「つまらない」と感じるまで、ひどいとは思いません。

 

その3・観覧ゲストのくだりがつまらない

IPPONグランプリ2018冬の観覧ゲスト

(IPPONグランプリ2018冬の観覧ゲスト:公式サイトより)

 

これは、「すべらない話」と同じ問題ですね。確かに、司会者と観覧ゲストのくだりは「つまらない」ww 「これ、いる?」と毎回、思います。

 

でも、これはしょうがない。【IPPONグランプリ】だってテレビショー。お笑い大好きの人たちだけに作られた番組ではありませんし。番組自体を長く続けていくためには、色々な大人の事情を考えて作られた、必要な演出なのでしょう。これは「つまらない」けど、「しょうがない」!。

 

とはいえ、観覧ゲストのくだりが「つまらない」という考え。僕だけ?あんまり、こういう意見ないですねww 失礼しました。

 

【IPPONグランプリ】がつまらない理由・まとめ

IPPONグランプリ2018_つまらない_僕の感想

 

ということで、【IPPONグランプリ】が「つまらない」といわれる理由を検証しました。検証結果をまとめてみますね。

 

POINT理由1:出演者がつまらない

僕の感想:「イロモノ枠」「新人枠」がポイント

理由2:忖度がある

僕の感想:「つまらなくなるほど忖度があるとは思わない」

理由3:観覧ゲストとの絡みがつまらない

僕の感想:「僕の個人的な意見ですww」

 

こちらからは以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA