人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】知らなきゃ損?

【2018M-1】「岡村隆史」上沼恵美子・批判騒動へのコメントと僕の感じ方

上沼批判騒動に対する岡村隆史のコメント

2018年のM-1グランプリ終了後、「上沼恵美子さんの審査」を巡って、とろサーモンの久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんが、暴言をインスタ配信するという大騒動に発展しました。「M-1」出場経験はないものの、よしもと漫才師の大先輩「岡村隆史」さんが、コメントを発表。

 

僕も全く同意です。岡村さんの思いと、僕の考え方を記事にしました。

 

他にも「M-1司会者・今田耕司」さんをはじめ、いろんな有名人がコメントを出しています。それらに関する、僕の考え方はこちらをごらんください。(松本人志 今田耕司 巨人 大吉 笑い飯の反応?僕の考え方。

 

(今年のM-1は審査員関係のニュースが多かったです。その中でも、「ナイツ塙」の審査は好評でしたね。ギャロップにかけた言葉は名言でした。その名言についてはこちらをどうぞ)。

 

では、岡村隆史さんの「上沼恵美子・審査員批判騒動」に対する思いを分析します。

 

ナインティナインが司会する「THE MANZAI」プレマスターズの感想はこちら

 

【上沼恵美子・審査員批判騒動】岡村隆史さんのコメント

ニュースを引用します。(黒字強調部分が岡村隆史さんのコメント)

 

 

 

お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史(48)が7日、ニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(金曜前1・0)で、お笑いコンビ、とろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智(40)が、2日に開催された結成15年以内の若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2018」の大会後に、審査員のタレント、上沼恵美子(63)にSNSで暴言を放ち、謝罪した騒動にコメントした。

オープニングトークで「とんでもない事件が起きました」と切り出した岡村。今回の騒動について「悪いのはあの2人ですけれども、思うにM-1に出てきて決勝に出る人って本当に漫才が好きで、M-1に懸けすぎてんですよ。分かるんですけれども、ちょっと抑えるとこは抑えとかんと。いろんなとこでいろんな打ち上げが行われ、『ああでもない、こうでもない』。それは、しょうがないことじゃないですか。ところが、いろんな人にたきつけられたのか、思いが爆発したのか、あんなことなって。えらいことですよ」と苦言を呈した。

上沼は3日、大阪・ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)で、M-1審査員の引退を表明した。岡村は「よう考えなあかんのは、裏のことも考えないと。どういう経緯で上沼さんが審査員を引き受けはったのかとか。いろんな人が頭を下げて、上沼さんに『審査員、お願いします』って言うたわけじゃないですか。いろいろキャラもあるけれども、いろんな人にかわいがってもらわんと。かわいくないことしたらあかんと思うねん」と2人の暴言を戒めた。

引用:サンスポ

 

岡村隆史さん、上沼さん騒動へのコメントをまとめると

  • 決勝進出者、M-1にかけすぎ
  • 打ち上げをするうちに、思いが爆発した
  • 上沼さんが審査員を受けた経緯を考えろ
  • いろんな人に可愛がってもらわんと

ということになりますね。

 

岡村隆史さん騒動へのコメントに対する僕の考え方

 

 

岡村さんらしいコメントだと思いました。2つ、感じたことを書きます。

 

コメント1「いろんな人に可愛がってもらわんと」

確かに、上を目指す人間は、「いろんな人に応援してもらうこと」が必要です。上からも下からも横からも、応援される人でなければ、なかなか成功しません。和牛にはそれがあります。ネタ時間はオーバーしたけど…ww(【和牛】漫才 2018M-1で優勝できなかった理由は「時間超過」?

 

つまり「魅力的な人間」でないといけないんです。それは「媚びる」とはまた違った、「器の大きさ」。久保田さんと武智さんには、それが欠けていた。お酒のせいかもしれませんがね。

 

コメント2「決勝にくる芸人、M-1にかけすぎ」

これは、完全に同意します。

 

決勝に出てくる漫才師、「お笑い番組」ということを忘れているんじゃないでしょうか?その点、昔の笑い飯は良かった。常にボケてましたからねww 今回のスーパーマラドーナ・田中さんも、その点では良かったんですよ。だから、残念。武智さん、あなたの罪を思いですよ。

 

もちろん「ドラマ」は必要です。でも、それは「お笑い芸人」が自ら熱く語るものではなくて、「ふざけてふざけてふざけ倒した合間に、意図せず見える真剣な表情や涙」でいいんです。

 

少なくとも、僕はそういう「お笑い芸人」が好きです。

 

ちなみに、このラジオ番組には、2008M-1王者のノンスタイル・石田さんも同席。騒動を起こした2人の同期ならではのコメントを述べています。オチも秀逸ww

 

「岡村隆史」騒動へコメント【まとめ】

 

僕の「岡村隆史、騒動へのコメント」に対する考え方は「皆に愛される岡村さんだからこそ、言えるコメント」でした。「いろんな人に可愛がってもらわんと」というのは、岡村さんだからこそ言えることですね。

 

そして岡村さんの言葉を借りれた、2018M-1王者の『霜降り明星』はまさに「いろんな人に可愛がってもらえる漫才師」でしょう。どの審査員にも応援してもらえる、そういう意味で『霜降り明星』はチャンピョンにふさわしいと思います。

 

「【霜降り明星】真のチャンピョンと呼べるか?」も合わせてお読みください。

 

他にもたくさんM-1記事を書きました。僕はもちろん審査員ではないですが、全ネタの感想を書いています。ぜひご覧ください。

 

ちなみに、腹を抱えて笑ったネタは「ドネシア、ドネシアww」です。ドネシアとは??こちらの記事でww。

 

その他のM-1記事はこちらに書きました。書き連ねましたww どうぞお読みください。

https://coffeemachi.com/notes-comedy-m1-2018-matome/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA