人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【ガキ使/笑ってはいけない】つまらない“3つ”の理由!2018年はどう?

【ガキ使/笑ってはいけない】つまらない“3つ”の理由!2018年はどう?

大晦日恒例の年越し番組【ダウンタウンのガキの使いやあらへんで・絶対に笑ってはいけないシリーズ】。僕も、毎年欠かさず見ています。とはいえ、初期の頃と比べると「つまらない!」「面白くない!」と感じる時間帯も多くなりました。今日は【笑ってはいけない】を見ていて、「つまらない」と思ってしまう3つの理由を紹介します。

 

2018年のつまらないポイントも書きました。目次から飛べます。

 

未公開シーン集は2019年1月5日と6日に放送されます。詳細な時間はこちらの記事でご確認を。残念ながら本編には登場しなかった、名物男「ジミー大西」を見た感想はこちらです。

 

つまらないと思ってしまう理由は次の3つ。記事では、一つずつ分析します。

  1. マンネリ
  2. すぐ笑う
  3. 下品なコーナー

 

 

他にもお笑い番組の感想をたくさん記事にしています。どうぞご覧ください

 

【ガキ使/絶対に笑ってはいけないシリーズ】とは?

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないとは?

(画像:日テレ公式)

【ガキ使/絶対に笑ってはいけないシリーズ】は、もともと【ガキ使】レギュラー放送の罰ゲームコーナーでした。この時代の【笑ってはいけない】が好きな人は多いですね。大晦日の年越し番組になってから、「つまらない」と感じる人が多くなりました。

 

本シリーズは、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』のレギュラー放送の罰ゲームコーナーとして始まったものであり、初期は松本人志と浜田雅功による対決企画で負けた方が罰ゲームを受ける様子を主軸としていた。後に対決企画は山崎邦正(現:月亭方正)やココリコといったレギュラー陣を巻き込むようになり、その中で2003年に放送した罰ゲーム『絶対笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅』が人気を博した結果シリーズ化され、『警察』以降は大みそかの年越し番組として放送されるようになった。また、『病院』以降は全員参加企画へ移行した。

引用:ウィキペディア

 

ガキの使い_笑ってはいけない_過去の温泉旅館シリーズ

 

2003年、2004年に放送された【笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅】は最高でした。見逃した方は、huluでみることができます(2週間無料)。

 

過去の【ガキ使/笑ってはいけない】タイトルの一覧

初期の【笑ってはいけない】は、しょーもないことで笑いをこらえる出演者が、相当おもしろかった。リアルにお腹を抱えて笑いました。年末年始のお休みの期間、ビールとおつまみと過去のガキ使でお過ごしください。

 

過去の【ガキ使/笑ってはいけない】タイトルの一覧です。

  • 2003年_松本チーム罰ゲーム 絶対笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅
  • 2004年_浜田・山崎・田中罰ゲーム 笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅in湯河原
  • 2005年_松本・山崎・ココリコ罰ゲーム 絶対に笑ってはいけない高校(ハイスクール)
  • 2006年_浜田・山崎・遠藤罰ゲーム 絶対に笑ってはいけない警察24時!!
  • 2007年_絶対に笑ってはいけない病院24時
  • 2008年_絶対に笑ってはいけない新聞社24時
  • 2009年_絶対に笑ってはいけないホテルマン24時
  • 2010年_絶対に笑ってはいけないスパイ24時
  • 2011年_絶対に笑ってはいけない空港24時(エアポート)
  • 2012年_絶対に笑ってはいけない熱血教師24時
  • 2013年_絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時
  • 2014年_絶対に笑ってはいけない大脱獄24時
  • 2015年_絶対に笑ってはいけない名探偵24時
  • 2016年_絶対に笑ってはいけない科学博士24時
  • 2017年_絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時
  • 2018年_絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時

 

初期は罰ゲームに全員参加ではなく、松っちゃんか浜ちゃんのどちらかが、「笑かす側」になることがありました。それが面白かったな〜。松っちゃんはあの手この手で笑かし、浜ちゃんは罰ゲームの基準を厳しくしていました…ww

 

【ガキ使/笑ってはいけない】つまらない“3つ”の理由とは?

ガキの使い_笑ってはいけない_笑いを我慢するシーン

2003年から続く【ガキ使/絶対に笑ってはいけないシリーズ】。2006年の「警察」以降は大みそかの年越し番組として放送されるようになりました。その頃からか、「つまらない」「面白くない」という声がちらほら聞こえるように。【笑ってはいけない】はなぜつまらなくなったのか。3つの理由を分析します。

 

理由その1:ネタがマンネリ化している

【笑ってはいけない】がつまらなくなったと言われる理由その1は「マンネリ化」です。15年続く企画だから、仕方のないこととはいえ、マンネリ・パターン化した演出に、「つまらない」「面白くない」と感じる視聴者も多いようですね。

 

マンネリ化した演出には次のようなものがあります。

  • 藤原に呼び出され、衣装に着替えさせられる
  • バスで現場に移動。途中でゲストが乗車
  • 大物ゲストが意外な場面や格好で登場
  • 夜には「驚いてはいけない」で肝試し
  • 引き出しにドッキリアイテム
  • 千秋と遠藤の家族登場
  • 蝶野のビンタ
  • 板尾のシュールな登場
  • ジミー大西の出演
  • マツコ

 

これらの演出が全て悪いわけではありません。吉本新喜劇のように、「お決まりがきた〜!」と笑えることもあります。とはいえ、前年や過去のパターンが面白かった場合、それを超えなければ、笑えないですよね。定番パターンの連続には「毎年ハードルが上がる」というリスクもあります。

 

罰ゲームもマンネリ

初期の笑ってはいけないの罰ゲームは、本当に「罰」でした。けれど、最近は罰ゲームもマンネリ化していて、叩かれている出演者もそんなに痛そうではないですよね。痛くないからすぐ笑う。これでは、番組がつまらなくなって当然です。ダウンタウンも高齢化してきたので、大変なのは分かりますが…。

 

過去の罰ゲームの種類

  • お尻吹き矢(03)
  • SMムチ(04)
  • お尻竹刀(05)
  • お尻警棒(06)
  • ケツバット(07)
  • ケツバット(09)
  • お仕置き鉛筆(08)
  • ケツバット(10)
  • ケツバット(11〜17)

 

この中でダントツに痛そうだったのは、2003年のお尻吹き矢です…。あれはマジで罰。

 

理由その2:出演者がすぐに笑う

僕がけっこう強く感じているのがこの理由です。最近の【笑ってはいけない】は過去のガキ使に比べて、出演者が「すぐに笑う」んです。初期の頃は、みんなが必死で笑いをこらえていて、こらえきれず笑ってしまう瞬間が面白かった。けれど、今は、大物ゲストが登場しただけで、みんなが笑ってしまい「全員OUT」となってします。これは「つまらない」です。

 

「松っちゃんや浜ちゃんがツボにハマり、なんとか必死で笑いをこらえる」みたいなシーンをもっと見たいですね。

 

大物ゲストの登場もいいけれど、僕は小ネタが大好きです。特に5人が待たされている部屋で、お互いに笑かし合う時間帯が大好き。

 

1発ネタで全員を笑かすのではなくて、じわじわくるような笑いをたくさん仕掛けて欲しいです。

 

理由その3:つまらないコーナーがある

【笑ってはいけないシリーズ】には、いくつか名物コーナーがあります。番組を面白くするコーナーもあるし、逆につまらなくさせるコーナーもある。僕が不要だと思うコーナーは「雨上がり決死隊MCのゴシップトーク」と「上島軍と出川軍のリアクション対決コーナー」です。

 

「ゴシップトーク」は単純に「身内ネタ笑い」だからつまらない。芸人たちの身内ネタによる暴露大会を見させられても、なんにも面白くないです。【笑ってはいけない】の趣旨とずれているような気がします。

 

「上島軍と出川軍のリアクション対決コーナー」は、下品すぎるから。まあ「笑ってはいけない」に品を求めてはいけませんが…ww ここのコーナーってアマゾンのドキュメンタル(視聴はAmazonプライムで可能)に似ていますね。あの笑いが好きな人は、いいのかも。僕は、あまり好きではないので、このコーナーが来ると、チャンネルをサクッと変えます。

 

【ガキ使/笑ってはいけない】「つまらない」視聴者の声

視聴者の【ガキ使/笑ってはいけない】ツイッターより「つまらない」の声を集めてみました。

  • んーつまらないな。 笑ってはいけないが年々笑えないんだがどうなのよ?
  • 「笑ってはいけない」は山場CMが多すぎてつまらない
  • 絶対に笑ってはいけないとか言われても、面白くないから余裕で耐えれてしまうんだが……
  • 笑ってはいけない、例年よりかなりつまらない
  • 最近の笑ってはいけないって 本編だと着替え、バス、引き出し以外見所が無いから他は未公開でいい。 ゴシップ?トークと最後の怖いネタが特につまらない。 たまには今夜が山田みたいなものがあっても良くないかね。
  • 笑ってはいけないのバスとかいう1ミリも面白くない茶番
  • 「笑ってはいけない」の「驚いてはいけない」ってコーナー相当つまらないので録画して飛ばして観るつもりです
  • 大晦日紅白よりも笑ってはいけない派ですが「お笑い芸人」の場面は面白くない、気持ち悪いので見ない。
  • ガキ使笑ってはいけない で、 中盤の黒鬼ゴッコと、 終盤のデカいハリボテみたいなのに追いかけられながら爆発するやつと、 暗い廊下で驚いてはいけないやつ。 この3つ、いつもつまらない
  • 笑ってはいけないシリーズの芸人軍団の対決はびっくりするぐらい面白くないからもっと他の企画やってくれないかな。 皆それぞれ、特に出川は人を笑わせる事は上手いはずなのにあの番組のあの企画になるとつまらない

おおかた、僕のまとめた3つの理由が登場しますね。「すぐ笑う」という声は少なかったですが(笑)

 

【ガキ使/笑ってはいけない】2018年はどうなるか?

https://twitter.com/gakitsukatter/status/1062797315964981248

 

2018年のテーマは「トレジャーハンター24時」ですね。ぶっちゃけ「つまらないかどうか?」とテーマは、関係ないですよねww 僕の注目は、5人が「どれだけ笑いを我慢してくれるかどうか」です。

 

2018年はどう?感想

ジミーちゃんが登場しませんでした!

 

邦正さんと蝶野さんの掛け合いはマンネリだけど、毎年おもしろいです。あと、杉咲花さんのパートも面白かった。演技力がいいですね。

 

方正のツタンカーメンのくだりも笑ったな〜。

 

とはいえ…全体的には面白いのですが、やっぱり出演者が「笑いすぎ!」。大物芸能人が意外なパターンで登場しただけで、「全員OUT〜」ですから。

 

あとは、審査があまあまやな〜。完全に笑っているのに続ける。ネタによっては、そういう演出が必要なときもあるんでしょうが。それを考慮しても、あますぎ!まあ、しょうがないか。大晦日、年越しですから(何じゃそりゃ…w)。

 

ちなみに、亀田家と乙武さんは、ぜんぜん面白くなかったです…

 

絶対に捕まってはいけない

名物コーナーの1つに「絶対に捕まってはいけない」がありますね。鬼ごっこプラス罰ゲームです。このコーナー自体は面白いのですが、「笑ってはいけない」の我慢大会みたいなシーンをもっと見たい!番組が長丁場だから、ここもしょうがないのか!それにしても、ちょっと長いかな〜〜〜

 

ゆりやんの水着?

友近のバーのコーナー、途中まで面白かったです。でも、ゆりやんの水着はいらなかった…。速攻、チャンネル変えました。

 

出川軍と上島軍のリアクション対決コーナー

今年もありましたね。原田龍二さんが参加していました。が、僕はやはり見てられなかったです。下品すぎて。見ていないのでコメントはありませんww 悪しからず。

 

【笑ってはいけない】つまらない?まとめ

誤解のないように。僕は【笑ってはいけない】のファンですww

 

とはいえ、やっぱりすぐに笑われたり、審査が甘くなると、緊張感がなくなり面白くなくなります。とにかく初期の【笑ってはいけない】が面白かった…。

 

放送時間は短くいいので「鬼ごっこ」とか「驚いてはいけない」とか「リアクション対決」はやめて、シンプルな「笑ってはいけない」が見たいです。

 

過去のアホなネタ、「今夜は山田」とか「ショーヘイヘイ」とかww わかりますか!?もう一度、ああいうの見たいな〜。

 

是非是非、過去のガキ使も見てください!抱腹絶倒、間違いなしです!

 

とまあ、いろいろと言ってきましたが、結局毎年見てしまう【ガキ使/笑ってはいけないシリーズ】です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA