人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【主治医が見つかる診療所】油コントロールで吸油率を下げる方法|オメガ3の驚きのパワー!

油は日々の料理に欠かせない物です。

揚げ物など、油をたくさん使った料理は、おいしいけど、太りやすいイメージがありますよね。

4月16日放送【主治医が見つかる診療所】では、「太らない油の新常識!」というテーマが扱われました。

  • 油コントロールとは?
  • 吸油率とは?
  • 油分を抑える調理法とは?

この記事では番組で紹介された、油のコントロール法・吸油率を下げる方法・オメガ3についての知識をまとめています。

【主治医が見つかる診療所】油コントロールとは?

【主治医が見つかる診療所】では油コントロールの方法が特集されました。

油はとりすぎは良くないですが、上手にコントロールすると体を健康に若々しく保つ手助けをしてくれます。

しかも食材のカロリーを下げて、太りにくい体を作ることも可能。

効果的にダイエットをするために、油コントロールはしっかりとマスターしたいです。

【主治医が見つかる診療所】では油コントロール法として、吸油率を意識することが取り上げられました。

これをマスターすれば、揚げ物のカロリーを下げて、太りにくい体をつくることができます。



【主治医が見つかる診療所】吸油率とは?

番組で紹介された吸油率とは、食材と衣に吸収される油の割合です。

たとえば、代表的な揚げ物、かき揚げ・鶏の唐揚げ・コロッケでカロリーが一番低いのは唐揚げ

一番カロリーが高いのはなんと野菜のかき揚げでした。その理由は吸油率が高いからです。

  • 鶏の唐揚げの吸油率→4%
  • 野菜のかき揚げの吸油率→42%

食材に含まれる水分は、蒸発すると油に置き換わります。そのため水分が多い野菜ほど、油を多く吸ってしまうようです。

吸油率を下げる野菜の切り方

フライドポテトは一般的にカロリーが高いですが、番組では吸油率を下げられる野菜の切り方が紹介されました。

吸油率を下げる切り方はくし形切りざっくり大きく切るですね。

ポイントは表面積を小さくすることです。

【主治医が見つかる診療所】油の吸収率を下げる魔法の粉

【主治医が見つかる診療所】で吸油率を下げる魔法の粉として紹介されたのは米粉です。

米粉は天ぷらよりも吸油率が低くなります。

  • 小麦粉→38%
  • 米粉→21%

ですから、米粉で揚げ物をつくればカロリーを下げ、太りにくい体をつくることができます。

\ダイエットに最適 カロリーオフ!/

【主治医が見つかる診療所】油の酸化に注意

【主治医が見つかる診療所】で気をつけたいポイントとして紹介されたのは油の酸化でした。

特にサラダ油は酸化しやすい特徴があります。

酸化とは、揚げ物が長い時間空気に触れることで、酸素を含み変化してしまうことです。

酸化した油は、体の中で消化、代謝がしにくくなり、体に溜まりやすい油となってしまいます。

その結果、肥満・肌の老化・血管を傷つけるなどの悪い影響が生じます。

ですから揚げ物はできるだけ揚げたてを食べるようにしましょう。

酸化しにくい油とは?

【主治医が見つかる診療所】では酸化しにくい油としてオリーブオイルと米油が紹介されました。

これらの油は抗酸化物質であるオレイン酸、ビタミンEの含有量が豊富で油が酸化しにくいようです。

また、いくらオリーブ油や米油が体に良いからといって、使い回すとやはり酸化が起きるので、注意が必要です。



【主治医が見つかる診療所】オメガ3とオメガ6

いま注目されている油がオメガ3とオメガ6。最近、テレビでよく取り上げられる油ですよね。

オメガ3とオメガ6は自分の体で作ることができない油で、食材から摂取しなければいけません。

このオメガ3とオメガ6の理想的な比率は1:2。現代人に不足しているのはオメガ3です。

オメガ3が多く含まれる食材

オメガ3はえごま油や青魚に多く含まれています。

ほかにもアマニ油やサチャインチオイルにも多く含まれています。

オメガ3には血をさらさらにする働きがあります。

【主治医が見つかる診療所】で紹介されたおすすめの食べ方は納豆やヨーグルトにエゴマ油をひとかけするでした。

これはお手軽。かんたんに試せそうです。

オメガ3を食べるときのポイントは、加熱料理を避けること。熱に弱い油なので炒めものなどには向いていません。

オメガ3の保管場所

オメガ3が多い油は冷蔵庫や冷凍庫で保管するのが望ましいようです。

油も温度が低ければ低いほど化学反応がゆるやかになり、酸化のスピードを落とせるからです。

開封していないボトルは冷凍庫で保管が良いとのこと。オメガ3の油は凍りません。



【主治医が見つかる診療所】オメガ3が酸化しにくいアミ

【主治医が見つかる診療所】ではオメガ3が酸化しにくい食材としてアミが紹介されました。

アミとはエビの仲間で日本古来の海産物

アミは原形のまま加工されているので、酸化しにくいと考えられています。

また乾燥アミをスプーン1杯、スープに加える食べ方でも効率よくオメガ3を食べることができます。

\オメガ3を美味しく食べよう/

【主治医が見つかる診療所】を観たまとめ

4月16日放送【主治医が見つかる診療所】油コントロール特集とても参考になりました。

揚げ物を食べるときに吸油率はあまり意識していなかったです。

番組で詳しく紹介されたコントロール方法で、太るのを気にせず、揚げ物をおいしく食べられそうです。

手軽にできそうなので、さっそく試してみようと思います。

コロナ太り対策 食事を工夫しよう →