人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【主治医が見つかる診療所】ラテックスフルーツ症候群|キウイフルーツ×ゴム手袋は危険?

2020年2月13日放送、人気情報番組【主治医が見つかる診療所】ではアレルギーが特集されました。キウイフルーツと相性がよくないのはゴム手袋?ラテックスフルーツ症候群とは?番組の情報をまとめました。参考にどうぞ。

専門家藤田医科大学/ばんたね病院:矢上晶子 教授

ラテックスフルーツ症候群とは?

ラテックスフルーツ症候群とは、ラテックスアレルギーの人が、天然ゴムと同じ成分のフルーツを食べるとショックを引き起こすことです。

  • ラテックス…天然ゴム(風船やゴム手袋など)
  • フルーツ…果物(キウイやバナナなど)

ゴム手袋をよく使う人は、その成分が肌に入り込み、ラテックスアレルギーになる可能性があるそうです。

そしてキウイフルーツにはラテックスと似た成分があり、それを食べることでショック状態になります。

ラテックスアレルギーの人が食べると危険なのはキウイだけでなく、バナナもショックを引き起こす可能性があるようです。また矢上教授によると、症例は少ないですが桃やパパイヤも危ないとのことでした。

【主治医が見つかる診療所】に登場した患者は、以前モンブランを食べて症状が出たようです。栗やアボカドも要注意です。



ラテックスフルーツ症候群の対策

【主治医が見つかる診療所】の放送内で、ばんたね病院:矢上教授が教えてくれた、ラテックスフルーツ症候群の対策は2つです。

  1. ゴム手袋をした後で、手が痒くなったら使用をやめる
  2. 中がコーティングしているゴム手袋を使う

番組ではゲストの麒麟・川嶋さんが、粉なしゴム手袋について話しておられました。最近購入したゴム手袋は粉なしだったと。これこそ、矢上教授が仰っしゃるコーティングゴム手袋した。

川嶋さんは何も知らず、ラテックスアレルギー対策のゴム手袋を購入されていました。

したの商品もコーティングされた粉なしのゴム手袋です。アレルギー対策がされているので、ラテックスアレルギーだけど、どうしてもゴム手袋を使う必要がある人は、コーティングゴム手袋を使いましょう。

まとめ

【主治医が見つかる診療所】で紹介されたラテックスフルーツ症候群。全く知りませんでした。わたしは今の所このアレルギーはありませんが、ゴム手袋を使うときは、痒くならないかどうか注意したいと思います。

もしゴム手袋を使う必要があれば、粉なしのコーティングゴム手袋を使いたいと思います。良い情報を学びました。