人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】知らなきゃ損?

【坂上どうぶつ王国】ノイアー(キャリアチェンジ犬)・歩行困難な少女と家族を救った犬

2019年4月12日放送「坂上どうぶつ王国」。歩行困難な少女と家族を救った犬「ノイアー(ラブラドール・レトリバー)」。

 

番組の情報を感想と共にまとめました!

 

ノイアー・歩行困難な少女と家族を救った犬とは?

ノイアー・歩行困難な少女と家族を救った犬とは?

奇跡を起こしたのはノイアーくん(3歳・ラブラドールレトリバー)

高松佑女花(ゆめか)ちゃんはもともと発達障害があり、歩行困難だった

 

2013年1月、佑女花(ゆめか)ちゃんは「発達障害」という診断

脳の一部に障害が疑われ、運動神経に影響

(画像:坂上どうぶつ王国)

 

5歳になった佑女花(ゆめか)ちゃん、まだ上手に歩けなかった

歩けないこと以外にも、苦労が…

 

佑女花(ゆめか)ちゃんは、お母さんがいないと大泣きして、暴れてしまう

お母さんは仕事も辞め、佑女花(ゆめか)ちゃんと歩く練習をした

 

しかしなかなか一人で歩けない佑女花(ゆめか)ちゃんに、お母さんは焦っていた

ほんのすこし目を離した隙に、転んで顔に大怪我をしてしまった

お母さんは、すべての家事や育児をこなしていくうちに、心が疲弊していった

 

いつしか、家族から笑顔が消えていった

お姉ちゃんたち「ケンカが多かった、暗かった」

 

お母さん「佑女花(ゆめか)なんかいなければいいのに……」

 

お母さんは限界を超えて、佑女花ちゃんと一緒に死ぬことまで考えた。



 

転機、ノイアーくん

ノイアーくんの画像

(画像:坂上どうぶつ王国)

 

佑女花(ゆめか)ちゃんは、犬が好きだった

犬といる時だけは、お母さんがいなくても大丈夫だった

でも、佑女花ちゃんは犬をきつく、強く抱きしめてしまう

訓練を受けたキャリアチェンジ犬(介助犬や盲導犬になれなかった犬)なら佑女花ちゃんを助けられる

 

ノイアーは撫でられることが大好きな男の子だった

ノイアーは佑女花ちゃんが強く接しても、怒らなかった

ノイアーは臆病で優しすぎるゆえ、介助犬には向かなかったこと

しかし、その優しい性格が、佑女花ちゃんの訓練に合っていた

 

歩行練習の時は、佑女花ちゃんが転んでも、ノイアーは辛抱強く待ってくれた

そして2017年6月、ノイアーは高松家の家族となった

 

ノイアーと遊んでいる佑女花ちゃんは一人では泣かなくなった

ノイアーが家族の一員となってから、佑女花ちゃんも穏やかになり、家族に笑顔が戻った

 

ノイアーとゆめかちゃん

(画像:坂上どうぶつ王国)

 

佑女花ちゃんはついに運動会で、30メートルの距離を一度も転ぶことなく走りきった

4ヶ月前は10歩しか歩けなかった…

 

最近では、佑女花ちゃんはノイアーのために水やりをするようになった

積極的にお手伝いするようになった

お母さんが離れていても、佑女花ちゃんはノイアーやお姉ちゃんと自然と遊ぶようになった

 

お姉ちゃん「ノイアー来てれくれてありがとう」

お母さん「ノイアーが来てくれて救われた」「奇跡のような出会い」

 

介助犬にはなれなかったキャリアチェンジ犬ノイアー。でも佑女花ちゃんにとっては立派なセラピー犬。



 

まとめと感想

まとめと感想

佑女花ちゃん、かなり強めにノイアーを抱いていましたが、ノイアーは辛抱強く受け入れていましたね。臆病で優しすぎる性格のノイアーと佑女花ちゃんのストーリーに感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA