人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【あさイチ】ノンカフェインティーが美味しい!麦茶、ルイボスティ、ごぼう茶のアレンジ方法。

【あさイチ】ノンカフェィンティーSP

2019年7月17日放送【あさイチ】は「ノンカフェインティー」の大特集でした。麦茶、ルイボスティー、ごぼう茶を飽きずに楽しめるアレンジ方法を料理研究家が大公開。番組で紹介された情報を感想とともにまとめました。

番組に登場した専門家

楠澤秀樹さん(ティーコンシェルジュ協会)

・須永恵子さん(料理研究家)

麦茶を美味しく飲むポイント

夏になるとよく飲むのは麦茶。でも、あまり味を意識せずに飲んでいることが多いです。でもポイントを抑えれば、いつもの麦茶がぐっと美味しく飲めるとのことでした。とっても簡単なその方法とは?ポイントは?

*商品のパッケージに記された作り方通りに作ることでした。

例えば、お湯の量や、ティーバッグを入れておく時間など、各商品のパッケージに書かれている方法通りに麦茶を作ると、美味しく飲めるようです。

麦茶の作り方は簡単なので、あまり商品パッケージの作り方には目を止めず、ついつい自己流で作ってしまいますね…!気をつけたいです。

水出しで作る場合は、お湯を3分の1使って麦茶パックを入れ、10分後に水を足すと良いようです。

さらに、美味しく麦茶を飲むには「丸粒の煮出し」がオススメと紹介されていました。120点の麦茶が飲めるようですよ。おすすめです!

 昔ながらの麦茶

確かに、昔ながらの麦茶は香りも味も濃かった!というイメージがあります。番組では、昔ながらの麦茶も紹介されました。昔ながらの麦茶の特徴は手焙煎で、一般の麦茶に比べて色が濃いことです。

生の麦を手作業で焙煎、深煎りをするので、香りが強いとのこと。

番組で紹介されていたお店は「上州屋 設楽彦吉商店」。通販もあります。

家庭で昔ながらの麦茶を楽しむには、「追い煎り」がおすすめ。フライパンを使い中火で手を止めずに炒り続けるその際、うっすら煙が出たら、火を止めるのがポイントのようです。



人気のルイボスティー

ルイボスティーはミネラルが豊富で、抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果が期待できます。それでも、毎日飲み続けると、味に飽きてくることもあります。そんな時は、以下のアレンジレシピがおすすめ!

オレンジルイボスティーの画像

オレンジ ルイボスティーの作り方

1.100%オレンジジュースをグラスに半分ほど入れる

2.ルイボスティーをその上からゆっくり注ぐ

*他にもリンゴや、グレープフルーツ、野菜ミックスなどに合わせることもできます。

ノンカフェインティーの効果

カフェインとは苦味の成分のこと。カフェインを取ると血流が良くなる、覚醒作用などがあります。しかし刺激が強く、苦手な人も多いですね。そこで、いま人気なのはノンカフェインティー。さまざまな健康効果が期待できるようですよ。

・はと麦茶→肌を整える

・ローズヒップ→疲労回復、肌を整える

・バタフライピー→眼精疲労の対策・抗酸化作用など

ごぼう茶が便秘解消に効果的

いま女性からの人気を集めて炒るのが、香ばしい風味のごぼう茶。その魅力は何と言っても便秘解消の効果が期待できること。ごぼう茶は水溶性の食物繊維を豊富に含み、腸の中で善玉菌の働きを助けるので、腸内環境が整えられて、お通じが良くなるようです。



ジンジャーごぼう茶の作り方

便秘解消に効果的なごぼう茶ですが、その味が苦手という方も、アレンジ次第で美味しく飲めるようです。番組で紹介されたのは「ジンジャーごぼう茶」。おすすめです!

ジンジャーごぼう茶の画像

1.ハツミツとスライスした生姜をグラスに入れて、その上からごぼう茶を注ぐ!

さらに、オリーブオイルで炒めた人参に、ごぼう茶の出し殻を入れるだけで、きんぴらごぼうも作れます。また、ごぼうの出し殻にちりめんじゃこや梅肉を加えると、美味しいふりかけにもなります。詳しい作り方は公式サイトをどうぞ。

感想とまとめ

感想とまとめ

プロが教えるノンカフェインティーの簡単なアレンジ、勉強になりました。これでいつも何気なく飲んでいる麦茶が、美味しく大変身しますね。また、ルイボスティーやごぼう茶の抗酸化作用、整腸作用などにも驚きました。体にうれしいいろいろな成分が入っているので、体調に合わせて飲んでいきたいと思います。

番組情報【NHKあさイチ

放送局:NHK

放送日時:月曜から金曜 朝8時15分~9時55分

出演者:博多華丸・大吉、近江友里恵ほか




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA