人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【ためしてガッテン】がにがに体操とは?そのやり方は?(8月7日)

2019年8月7日放送【ためしてガッテン】、プロ達が「本当に使える技」として、自らも使い、さらに進化させた究極技の数々が一気に紹介されました。

その中でも、自給自足生活の達人が自らの健康維持に使うのは「がにがに体操」。そのやり方をまとめてみました。

関連記事 【ためしてガッテン】スロージョギングとは?ダイエットにもなるそのやり方は?(8月7日)

がにがに体操とは?

がにがに体操は徳島大学の荒木秀夫教授が提唱されているトレーニングです。運動神経の伝達をよくする「神経びんびん体操(くねくね体操・がにがに体操)」の1つですね。

ためしてガッテンでは2017年8月30日【カラダ若返りSP 1週間で動ける体が復活!】で紹介されていました。

→ くねくね体操の詳しいやり方はこちら。

体操のポイントは日ごろ動かしていない、運動神経を刺激するということ。ガニガニ体操は、普段つかわない筋肉や神経を刺激する動きで構成されています。

この体操を続けることで、脳から神経の信号を筋肉に送り届けることを繰り返します。その結果、神経によって支配されている、カラダの筋肉の動きをスムーズにする効果が期待できます。

がにがに体操のやり方は?

がにがに体操のやり方は、いたってシンプル。

がにがに体操の画像

・小刻みにジャンプした状態から、足を上げて、ひざとひじをくっつけます。1日で10回程度、毎日でなくてもときどきすればOK。



You Tube にがにがに体操を実践した方の、40秒の短い動画がありましたので、のせておきます。参考にどうぞ。

※がにがに体操は、実際にやってみると、結構ハードな動きです。普段運動をしていない方やお年寄りは、体への負担がおおきいかもしれません。無理せずに、できる範囲で行うとよいと思います。

感想とまとめ

ガッテンで紹介された「がにがに体操」、けっこう疲れますね。それだけ、カラダの健康には役に立っているということ。毎日、少しずつ続けていけば、かなり動けるカラダになりそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA