人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【林先生の初耳学】逆腹筋でぽっこりお腹を解消。やり方は?|9月1日

【林先生の初耳学】ぽっこりお腹の解消法!

2019年9月1日【林先生の初耳学】で放送された「ぽっこりお腹”を解消する超簡単トレーニング」をまとめました。1日10回でお腹がひきしまるその方法は?

できるだけ簡単な方法でポッコリお腹を解消してダイエットを成功させたいという方は、ぜひお試しください。

ぽっこりお腹の解消法は「逆腹筋」

逆腹筋で腹横筋を鍛えぽっこりお腹を解消

(以下、画像は全て【林先生の初耳学】より引用)

ぽっこりお腹をもっとも効果的に解消できる方法は「体を反る」でした!

腹筋の逆、お腹を反らせることは「逆腹筋」と呼ばれています。

これを2週間続ければ、ウエストが驚くほど減少するようです。

番組では1日10回3セット「逆腹筋」と「腹筋」するグループに分けて、2週間検証。その結果は?

腹筋をしたグループのウエストは2.6センチの減少。

逆腹筋をしたグループのウエストは平均で5.6センチの減少でした!

「逆腹筋」のやり方

ぽっこりお腹を解消するための逆腹筋のやり方は簡単です。

1,両足を腰幅に開く、足の指を床から浮かせる

あしゆびを浮かせる

2,両手で頭を支えたら、お腹が出ないように上体を反らして5秒キープ

頭を支えて上体をキープ

3,息を吐きながら元の姿勢に戻す

息を吐きながら元の姿勢に

これを1日10回3セット行います。番組ではこの逆腹筋を2週間続けたところ、ウエストが減少していました。最低でもそれくらいは続けたいですね!

実際にやってみた

実際にこの逆腹筋を上体を反らして5秒間キープをやってみると、かなりきついです。足の指を床から浮かせているからですね。

上体を反らすと全身のストレッチにもなっていてとても気持ちいいです。ウエストを補足してぽっこりお腹を解消するだけでなく、体を柔らかくする柔軟体操にもなっています。

時間は数分間で終わるので、料理や洗濯の間のちょっとした時間にできます。

実際に腹筋をやるほどはきつくありません。でも、インナーマッスルを鍛えられてウエストが細くなるというこのぽっこりお腹解消法「逆腹筋」。おすすめです!



なぜ「逆腹筋」でぽっこりお腹が解消する?

インナーマッスルを鍛える

人間の頭の重さは約5kg。上体をそらすと、頭の重さを支えるため、カラダがバランスを取ろうとします。このときに腹横筋が鍛えられます。

腹横筋はコルセットのような役割があるので、ここを鍛えればウエストが締まりぽっこりお腹を解消できるとのこと。

腹筋と逆腹筋で鍛える筋肉の部位に大きな違いがあるんですね。

【関連記事】

【ソレダメ】ぽっこりお腹を凹ます腹ペタ体操のやり方。ポイントは呼吸法!

「逆腹筋」の動画

YouTubeに逆腹筋(そる腹筋)を実際にやっている動画を見つけました。アレンジもあります。やり方が解説されていますので、参考にどうぞ。


早速「逆腹筋」を試してみよう!

番組で紹介されたぽっこりお腹の解消法「逆腹筋」は超かんたんでした!カラダをそらすだけでも、そんなに効果があるんですね。

ぽっこりお腹が解消すれば、サイズが小さくなって着られなくなったあの洋服も、無理なく着られるようになります。興味のある方は、ぜひ試してみてください!

「逆腹筋」Twitterの反応

 

https://twitter.com/3HttcijCZOMVDNK/status/1168160024171933696

https://twitter.com/shuntaros108/status/1169362730089730048

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA