人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【林修の今でしょ講座】コーヒー&緑茶で夏を元気に過ごす!肥満や肌の老化の防止にオススメ。

【林修の今でしょ!講座】 コーヒとお茶の健康効果!

2019年6月18日放送【林修の今でしょ講座】は“「コーヒーVS緑茶」夏太り・熱中症、夏風邪、肌の老化…気になる夏の症状を予防するならどっち? ”スペシャルでした。コーヒーとお茶のそれぞれが持つスゴい栄養素や研究結果が大発表。番組で紹介された内容を感想とともにまとめました。

【林修の今でしょ講座】その他の記事はこちらをご覧ください。

コーヒーと緑茶の健康効果

コーヒーが効果的なのは?

2013年の国立がん研究センターが発表によると、1日1杯「コーヒー」を飲むと脳卒中のリスクを約20%も軽減できるとのことです。石原藤樹医師による説明でした。ちなみに緑茶なら1日4杯以上飲むと、効果を期待できるようです。

・暑い時に汗をかくと、水分がへり、血流が悪くなる

 

・血液の流れが悪くなると、血管が詰まったり破れたりして、脳卒中になる

 

・コーヒーに含まれるカフェインには血管を広げる作用がある

 

・カフェインには血液中の脂質などの代謝を促進し、血管が詰まるのを防ぐ

 

・1日に飲む量は3〜4杯がベスト

 

コーヒーは食前と食後、どちらに飲むのが良い?

食前!

 

・食前のコーヒーは血糖値の上昇をより抑えることができる

・食前のコーヒーは、糖や脂質が胃や腸で吸収されるのを防ぐ

・1杯飲まなくても、一口でも良い

ホットでもアイスでも血管に良い成分は同じ



毎日コーヒーを飲んでいる人の血管年齢は皆、若かったですね〜。カフェインが血管に良いということなので、意識して1日2〜3杯のコーヒーを飲み続けたいと思います。

夏太りに効果的

糖尿病のリスクも高まる、気になる夏太りに効果的なのは「コーヒー」です。ちなみに緑茶であれば、1日3杯ほど飲むと、脂肪燃焼量が約2倍にアップするようです。

コーヒーが夏太りの効果的な理由

 

・夏は暑くて疲れてしまい、炭水化物(うどん、そうめん)を食べる機会が多く太りやすい

 

・コーヒーに含まれるクロロゲン酸が糖質の吸収を抑え、脂質の代謝を促進する

 

・カフェインがリパーゼ(脂肪分解酵素)を活発にする

 

コーヒー×運動で脂肪燃焼量がさらにアップ

 

脂肪燃焼量のアップが期待できるコーヒーを飲むタイミングは運動前?運動後?

運動前に飲む!

 

・コーヒーは飲んだ後約30分後に効果が出てくる

脂肪燃焼量を効率よくアップさせるために、運動前にコーヒーを飲むと良い



そうであれば、朝に散歩やジョギングをする前に、一杯コーヒーを飲むと良いですね!それで脂肪燃焼率がアップ。ダイエット効果も期待できそうです。

緑茶が効果的なのは?

お肌のシミやシワに効果的なのは「緑茶」です。肌にとって最大の敵「紫外線」のダメージを約25%減らすことができます。

・ドイツの研究によると緑茶のカテキンが「紫外線」のダメージを約25%減らすことができる

 

・緑茶のカテキンで活性酸素の除去が期待できる

 

・カテキンとはポリフェノールの一種

 

・カテキンは紫外線から身を守るための成分

 

肌ダメージ予防に良い緑茶を飲むタイミングは?

外出前に飲む!

 

・日が当たる前に飲む

・肌のダメージ予防に効果的



お茶農家の方のお肌はハリがあり若々しかったです。肌年齢も、皆さん若かったですね。緑茶カテキンをたくさん摂取して、夏も美しいお肌をキープしたいです。

 

夏風邪に効果的

医師がかぜ予防のために飲んでいるのは「緑茶」です。多くの医師が、診察の合間に緑茶を飲むようです。

・カテキンがウイルスに付着して、ウイルスの粘膜への付着を防ぐ

 

・カテキンには殺菌効果もある

 

夏は寒暖差で免疫力が落ち、かぜが治りにくい

 

・緑茶を飲むと、免疫力のアップを期待できる

 

免疫力をアップさせる緑茶の入れ方は?

水でいれる!

 

水出しの方がお湯出しよりカテキン成分が出る

1日500ccほど飲めば、かぜ予防になる。

 

農家の方の水出し緑茶の作り方

 

1.やかんに緑茶のパックを入れる

 

2.やかんに水を入れる

 

3.お箸でかき混ぜる



水で緑茶を作った方が、カテキンが出るんですね!これは簡単!暑い夏にはもってこいのかぜ予防方法です。

熱中症に効果的

最新の研究(2018年4月、愛知医科大学)によると「緑茶」を飲むと、熱中症予防にもなるそうです。

・熱中症の原因の一つは水分の減少

 

・カテキンを飲むと体温上昇の抑制が期待できる

 

・熱中症予防に一番効果的なのは麦茶

 

・麦茶には利尿作用(水分を減少させてしまう)のあるカフェインがないから

 

同日放送のその他の内容

6月18日放送【林修の今でしょ講座】その他の内容はこちらからどうぞ。

【林修の今でしょ!講座】生坂政臣先生が紹介する夏を元気に過ごす方法。 【林修の今でしょ講座】生坂政臣先生が教える体調不良のサインとは?林先生が会いたかった人! 【林修の今でしょ!講座】 マグネシウムに秘められた 驚きの健康パワー! 【林修の今でしょ講座】マグネシウムの驚きの効果/量が多い食材は?横田邦信先生が登場。

感想とまとめ

感想とまとめ

コーヒーとお茶の対決、面白かったですね。それぞれに特徴がありました。コーヒーとお茶それぞれの健康効果をよく把握して、適切な飲み物を選び、きつい夏も元気に乗り切りたいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA