人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【林修の今でしょ講座】日本の発明品(食品)ランキング、ベスト20は?(7月30日)

日本の発明品(食品)ランキング、ベスト20!第1位は?(7月30日)

2019年7月30日放送【林修の今でしょ講座】は「日本のすごい発明品ベスト20」でした。日本の歴史や食卓に革命を起こしたといわれる、すごい食品をランキング形式で発表。番組の情報を感想とともにまとめました。

番組に登場した講師→地理の村瀬哲史先生、理科の山田昌治先生

日本のすごい発明品ベスト20

学校の先生が生徒に教えたい「日本のスゴい発明品ベスト20」大発表SP。日本の歴史や食卓に革命を起こしたと思う「食品」を先生たちが投票、ランキング形式で紹介されました。

第1位「カップヌードル」

今や世界80以上の国や地域で販売されている「カップヌードル」が第1位でした。1971年には発売されたすごい発明品「カップヌードル」。

当初の実勢売価は100円。袋麺の4倍もしたそうです。それでもカップヌードルが売れたのは「メイドインジャパン」を感じさせなかったからと考えらえています。確かに、ネーミングやデザイン、当時のCMも海外を意識しているように思えますね。

第2位「ボンカレー」

1968年に誕生したボンカレー。発売当初の賞味期限は、なんと3ヶ月。発売当初は「3ヶ月も保存できるのはおかしい」という声が数多くあったようです。現在のボンカレの賞味期限は1年まで伸びています。

賞味期限が長い理由は、保存料の使用ではありません。レトルト食品は保存料を使ってはいけないようです。

ボンカレーは医療機関で使われる点滴液の殺菌技術を応用しています。そもそもレトルト食品のレトルトとは「圧力と熱を加えて殺菌する釜」をさす言葉です。釜の中では120度を超える高温で加圧・加熱殺菌します。これが、発明ですよね。

しかし、レトルト食品にはレトルト臭があります。それをカレーのスパイスで打ち消したのがボンカレー。これも、ナイスなアイデアですよね。

第3位「納豆」

第3位は納豆。大豆をわらで包んで発酵させた食品です。江戸時代に醤油が普及したおかげで、日本の庶民の定番になったとのこと。

納豆は言わずと知れた健康食。ダイエットにも効果的といわれています。

第4位「ポカリスエット」

第5位「コンビニおにぎり」

第6位「ふえるわかめちゃん」

第7位「コシヒカリ」

第8位「サラダチキン」

体育の先生たちが子供たちに食べさせたい発明品が「サラダチキン」。いまや、スーパー・コンビニなどでも手軽に買える大人気商品ですよね。高タンパク、低脂質の鳥の胸肉を日本人が食べる習慣を作り出したようです。名前の由来はそのまま「サラダに合うチキン」。

胸肉はもも肉よりも筋肉を作るタンパク質が豊富です。ダイエットや筋トレなどに向いている、健康食ですね。



第9位「パンの缶詰」

缶詰を開けるとふわふわのパンが。「パンの缶詰」が第9位にランクイン。パンの缶詰は非常食でありながら、美味しいふわふわした食感のパンを食べられるようにした技術が発明です。賞味期限はなんと3年。これは、非常食として家に常備しておきたいです。

第10位「ミツカンのお酢」

第11位「サトウのご飯」

第12位「味の素」

1909年に発売された「味の素」が第12位にランクイン。5つ目の味覚「うまみ」を作った大発明です。チャーハンや野菜炒めなど、多くの料理に使われ、いまは「UMAMI」として世界でも通用します。

第13位「醤油」

第13位は和食に欠かせない調味料「醤油」。鎌倉時代の大発明です。醤油に注目することで日本の食文化の本質が見えてきますね。

江戸時代、醤油が普及することで「握り寿司」が誕生したようです。さらに、うなぎのかば焼きも醤油と同時に普及したとのこと。天ぷらやそばもまた、醤油が普及したおかげで食べられるようになったとのこと。

醤油の発明がなければ、日本の食文化はいまと全く違うものになっていたかもしれませんね。

第14位「まいたけの栽培技術」

30年以上前は、1キロ1万円以上で取引されていたようです。しかし、まいたけが育つ自然環境を室内で再現した発明により、安価で誰でも入手できる商品となりました。

まいたけは健康効果も高い食材ですよね。詳しくはこちらの記事でどうぞ。

【教えてもらう前と後】まいたけ!かんたんレシピ3つ!血糖値が劇的に改善?



第15位「かまぼこ」

第15位は世界中でブームの健康フード「かまぼこ」。なんと誕生したのは1115年、驚きです。この発明のおかげで、魚を無駄なく保存できるようになりました。

かまぼこの中でも、いま世界でブームになっているのは「カニかま」。日本人にとっては、料理やさあだに添えられているだけのイメージですが、海外ではスーパーの人気商品。英語では「Surimi(すりみ)」として、定着しているようです。

第16位「インスタントコーヒー」

インスタントコーヒーが発明されたのは明治時代。発明したのは、もともとお茶を研究していた加藤サトリ先生。お茶を粉末にする研究がうまくいかず、コーヒーで試してみたところ、先に成功したようです。

インスタントコーヒーが広まったのはネスカフェのCM。CMにより、朝食は「新聞、トースト、ネスカフェ」のイメージが広まったとのこと。

それまでの「ご飯、味噌汁、一品」といった日本の食生活まで変えた、このCMの力と影響力は大きいですよね。

第17位「こんにゃく」

刺身にしてもよし、煮物にしてもよし、ヘルシーでダイエットに期待できる食材として大ブームのこんにゃくが第17位でした。



こんにゃくが日本で1年中食べられるようになったのは、江戸自体に発明されたこんにゃく芋の粉のおかげ。ちなみに、黒いこんにゃくはひじきなどの海藻を粉末にした粉を使ってわざと黒くしています。

第18位「お茶漬け海苔」

お茶漬け海苔の発明により、お湯をかけるだけで冷えたご飯が美味しく生き返えるようになりました。ちなみにお茶漬け海苔の具材は、海苔、あられ、緑色の粒の3種類だけ。

この緑色の粒の正体は調味玉と呼ばれ、抹茶、昆布粉、塩、さとうによって作られています。同じ味を保つために材料を一つにまとめたところが、すごい発明といえますね。

さらに、お茶漬け海苔に入っている「あられ」には湿気を抑える、乾燥剤の働きがあるようです。これもすごいアイデアです。

第19位「ガリガリ君」

かき氷を片手で持てるようにしたという点で、発明です。ガリガリ君がすごいのは、「ソーダの色=青色」というイメージを作ったことです。このイメージは日本だけのようですね。アメリカではソーダ味といったら茶色や透明をイメージするとのこと。これは驚き。

ガリガリ君のソーダ味は、青い海と空をイメージして作られています。そして人工着色料ではなくて、「スピルリナ、紅花、クチナシ」の天然原料からできているとのこと。少し安心しました。

第20位「ヤクルト」

ヤクルトは1935年に登場。理科の先生たちがこぞって絶賛した商品で、第20位にランクインしました。現在39の国と地域で1日4000万本以上も売れているとのこと。病気にならないよう、予防医学を世に広めたことが評価されました。

乳酸菌に目をつけた飲み物として、ヤクルトは発明品と言えますね。乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やす働きをします。乳酸菌の働きで腸内環境が良くなると、免疫力アップで病気予防になります。また、コレステロールが低下し、肌トラブルの改善も期待できます。

ヤクルトの乳酸菌は、生きて腸に届く「シロタ株」。胃酸に負けない乳酸菌だけを増やしていった結果生まれた最強の乳酸菌です。

番組の感想とまとめ

「日本のすごい発明品ベスト20」、知らない情報もたくさんあり、とても面白かったです。ヤクルトの乳酸菌は、胃酸にも負けない最強の乳酸菌なんですね。さっそく買いたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA