人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【林修の今でしょ!講座】ミニ野菜ランキング!ミニトマト、芽キャベツ、豆苗の健康的な食べ方?

3月12日放送【林修の今でしょ!講座】、「最強のミニ野菜ランキング」

 

豆苗、芽キャベツ、ミニトマトの知られざる健康パワーが紹介されました。

 

大きな野菜にはない、ミニ野菜ならではの健康効果をまとめています。

 

また、放送を見た感想も書いていますので、どうぞごらんください。

 

関連記事:【林修の今でしょ!講座】きのこ(しめじ/えのき/まいたけ)の効果的な食べ方は?

関連記事:【林修の今でしょ!講座】お風呂の正しい入り方検定!

 

ミニ野菜ランキング1位「豆苗」骨を丈夫にする

ミニ野菜ランキング1位「豆苗」骨を丈夫にする

  • 豆苗はさやえんどうの赤ちゃん
  • 骨を丈夫にするには「ビタミンK」が重要
  • 豆苗のビタミンKはさやえんどうの6倍
  • ビタミンKと骨の関係は?
  • 骨はカルシウムとコラーゲン(タンパク質)でできている
  • ビタミンKはコラーゲンの吸収をUPさせる

 

骨って、カルシウムだけではなかったんですねー。

 

コラーゲン(タンパク質)も摂取する必要があるのか、フムフム。

 

そこで「ビタミンK」を摂ると、コラーゲンの吸収がUPするとのこと。

 

骨を強くする豆苗の食べ方は?

チーズと一緒に

 

  • チーズにはカルシウムが豊富なので

 

骨を強くする豆苗の食べ方、その2は?

鶏肉と一緒に食べる

 

  • 鶏肉にはタンパク質が豊富なので

 

ちなみにーーーー

 

豆苗は家で簡単に栽培できます!

 

家で栽培しておけば、わざわざ買いに行く必要はないですね。

 

食べたい時に、食べられるので便利ですよーーー!

 


豆苗 栽培セット

 

豆苗が赤ちゃん野菜ゆえに多く含まれる栄養分は?

苦味成分(抗酸化成分)

 

  • 苦味成分は抗酸化成分
  • 赤ちゃんは身を守る必要があるから
  • 虫や動物に食べられないよう、種には苦味成分が多い
  • その抗酸化成分を私たちが食べることで、老化の原因となる活性酸素を抑える

 

赤ちゃん野菜、種を守るために苦く、そこに抗酸化成分があるって、自然は面白い!!

 

その苦味成分を食べることで、私たちは活性酸素を抑制することができるとのことです。

 



 

ミニ野菜ランキング2位「芽キャベツ」胃腸を元気にする


芽キャベツ

  • 芽キャベツのビタミンCはキャベツの4倍
  • ビタミンCは活性酸素を抑える
  • ビタミンAは胃の粘膜を保護
  • ビタミンE胃腸の細胞膜の酸化を防止する

 

ビタミンが多い理由は、「芯の部分」がキャベツより大きいから

 

芯は栄養価が高く、ビタミンが多く入っているようです。

 

芽キャベツはどのようにできるのか?

茎にびっしりと生える

 

こんな感じで…

 

ブドウみたいですね〜。面白い!

 

胃腸を元気にする理にかなった食べ方は?

芽キャベツのシチュー

 

  • 胃の粘膜の材料になるタンパク質(肉や牛乳)と一緒に摂れるので

 

ストレスで胃腸が弱っている時、ありますよね〜〜!!!

 

そんな時は、キャベツよりビタミンが豊富に含まれている芽キャベツがいいですね。

 

胃腸のことを考えると、胃の粘膜の材料となるタンパク質も一緒に摂取するといいようです。

 



 

ミニ野菜ランキング3位「ミニトマト」血管、肌を老けさせない

ミニ野菜ランキング3位「ミニトマト」血管、肌を老けさせない

  • ミニトマトに含まれるリコピンはトマトの約2.5倍
  • 理由は普通のトマトに比べ「皮」が「厚い」から
  • リコピンは皮の表面に多い
  • リコピンには抗酸化パワーがあり、動脈硬化を予防できる

 

リコピンに抗酸化パワーがあるのは知っていましたが、トマトよりミニトマトの方が多く含まれているんですね!

 

裏技ですがっ…

 

トマトやミニトマトの調理が面倒くさい方は、サプリでも効率よくリコピンを摂取することができます。

 

毎日、摂取したい方は、リコピンサプリが便利ですよね!!!

 

 

リコピンの吸収率が上がるミニトマトのとり方は?

温めて食べる

 

  • リコピンを多く摂るには、細胞を壊すのがポイント
  • 熱を加え、細胞を壊すことで、細胞の中のリコピンが効率よく摂取できる
  • ミニトマトのおかゆも良い
  • ミニトマトの食物繊維が、お米に含まれる糖質吸収を抑制する効果が期待できる

 



 

ミニ野菜ランキング番外編「ブロッコリースプラウト」花粉症対策に期待

ミニ野菜ランキング番外編「ブロッコリースプラウト」花粉症対策に期待

  • スルフォラファンが花粉症の症状を和らげる
  • ヒスタミンが花粉症の原因
  • スルフォラファンはヒスタミンを抑える
  • 免疫細胞のバランスをとり、アレルギー症状にも効果的

 

ブロッコリースプラウトは、白髪や薄毛にも効果的ですよね。

 

さらに、花粉症にまで効果があるとは…

 

驚きの食材です!

 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA