人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【林修の今でしょ!講座】「じゃがいも」が体に良い理由とは!ビタミンを効率よくとる方法

2019年5月7日放送【林修の今でしょ!講座】

林修と料理タレントによるガチの「じゃがいも知識対決!!」でした。

 

普段よく食べる身近な食材「じゃがいも」に秘められた健康パワー!

番組で放送されたお役立ち情報をまとめてみました。

じゃがいもテスト6連発

じゃがいもテスト15問

日本人は平均で、年間1人130個のじゃがいもを食べているようですね。

健康長寿の方々が5月に多く食べる野菜は「じゃがいも」とのこと。

そんな身近な食材である「じゃがいも」。まだまだ知られていない健康パワーが多いようですね。

番組ではテスト形式で「じゃがいも」の秘密が紹介されました。

 

文教大学 健康栄養学部 教授笠岡誠一先生が監修です。

 

Q:じゃがいものビタミンCで守れる体の部位は?

 

A:血管!

 

・ビタミンCは血管の中で活性酸素を撃退する

 

・ビタミンCの大事さは血管

 

じゃがいもの収穫量全国第3位の長崎県で調査したところ、多くの人の血管年齢が平均を下回っていました。

血管年齢が若い人たちがよく食べていた料理が「じゃがいもとベーコンとほうれん草のソテー」でした。

 

 

Q:じゃがいものビタミンCの特徴は

 

A:熱に強い

 

・ビタミンCは本来、加熱に弱い

 

でんぷんが詰まっていてビタミンCを守っている

 

・加熱でも壊れにくいのでいろんな料理に使いやすい

 

じゃがいものビタミンCは加熱にも強いとのこと。

これなら、いろんな料理に応用できますね!

ただし、茹で汁には溶け出してしまうので注意が必要です。



Q:じゃがいものビタミンCを最も効率よく取れる料理は?

 

A:カレー(鍋で作る料理)

 

・溶け出したビタミンCも摂取できるのが理由

 

・ポイント→じゃがいもは大きく切る

 

・大きく切ると、ビタミンCが溶け出しにくいから

 

さらに、ビタミンCを効率よく取れる調理法もあるようです。

じゃがいもの収穫量、全国2位の鹿児島県の人たちの調理法が紹介されました。

 

Q:じゃがいものビタミンCを最も効率よく取れる調理法は?

 

A:皮ごと茹でる!

 

・じゃがいもの皮がビタミンCの流出を防ぐ

 

・じゃがいもの皮にはビタミンや食物繊維が豊富

 

Q:じゃがいもの一番良い加熱方法は?

 

A:電子レンジ!

 

・蒸すや焼くに比べると、ビタミンCが残りやすい

 

・短時間で調理できるので、ビタミンCが残りやすい

 

・電子レンジを使ったじゃがバターがオススメ

 

ポテトチップスは短時間で一気に揚げるので、ビタミンCが結構残っているようです。

 

Q:新じゃがが普通のじゃがいもよりすぐれている所は?

 

A:普通のじゃがいもよりビタミンCが豊富

 

・とれたてをすぐに出荷薄するのが「新じゃが」

 

・「新じゃが」のビタミンCは普通のじゃがいもの約2倍

 

ビタミンCは収穫後に減っていくようですね。

新じゃがを食べられる季節であれば、積極的に食べたいです。

 

Q:じゃがいもの皮を食べると増えるのは?

 

A:肌に良いコラーゲン

 

・昨年発表された研究成果によると、じゃがいもの皮には肌に良いコラーゲンを含む可能性がある

 

・じゃがいものカロリーは意外と低く、満腹感も得やすい食材



まとめと感想

「じゃがいもスペシャル」感想とまとめ

身近な食材「じゃがいも」が持つ健康パワー。

寿命を伸ばすことも期待できる、驚きの野菜でした。

番組で紹介された調理法、ぜひ試してみたいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA