人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【林修の今でしょ講座】水の正しい飲み方とは?夏に役立つ水のお役立ち情報。

【林修の今でしょ講座】 夏の水の正しい飲み方 お役立ち情報のまとめ

2019年7月23日放送【林修の今でしょ講座】は「夏の正しい水の飲み方」が特集されました。Q 体重60キロの人が1日に必要な水分量は? Q 熱中症予防に効果的なのは、冷やした水と常温どっち?など、検定問題形式で、正しい水の知識が紹介。すぐにでも役立つ番組の情報を感想とともにまとめました。

体から何%の水分が失われると“脱水症状になる”?

正解:3%

・体からたった3%の水分が失われるだけで、脱水症状になり熱中症のリスクが高くなるようです。

番組に登場した専門家

三宅康史先生

服部益治先生

水の正しい飲み方大検定 9問

基本問題

第一問 1日に必要な水分量は(体重60キロの人の場合)? A 600ml B 1.8L C 3L

正解:B 1.8L

・自分の体重から必要な1日の水分量がわかるようです。計算方法は体重×3L。

・カフェインには利尿作用があるので、緑茶やコーヒーは水分補給に適していません。ビールもアルコールが体温を上げる作用があり、水分が失われやすくなります。またビールの利尿作用は、緑茶やコーヒーより多いので、脱水状態になりやすいとのことでした。

 

第二問 一度に飲む適切な水の量は(2時間おきに飲む場合)? A 100ml B 180ml C 500ml

正解:B 180ml

・腸で吸収できる量 約180mlをちびちび飲むのが理想的なようです。あまりに大量の水を継続的に飲み続けると、水中毒の恐れがあります。体に必要なのは水とナトリウムのバランスとのこと。

・汗などかいていないのに、1時間に1L以上の水を継続的に飲むのは要注意です。

 

第三問 熱中症予防に効果的なのは、A 冷蔵庫で冷やした水?B それとも常温の水?

正解:A 冷蔵庫で冷やした水

・夏の熱中症対策には、冷蔵庫で冷やした水が効果的なようです。冷やした水は体を冷やす効果があります。冷水は熱量を奪い、体温を下げてくれるとのこと。冷たい水は腸を刺激し、吸収を早めます。

・ただし、高齢者の方は少しずつ飲むようにして、体に負担をかけないことが大切です。



心臓・血管問題

第四問 汗は体の中の何から作られる?

正解:血液

・汗は血液から染み出しています。かくれ脱水(体から3%の水分が失われている状態)は、血液内の水分が失われ不足している状態のことを言います。かくれ脱水の状態で、さらに汗をたくさんかくと命に関わる状態になるかもしれません。

・予防のためには、毎日必要な量の水をきちんと飲むことが大切です。

 

第五問 体から水分が失われる要因は?汗、尿や便と何?

正解:息

・息は見えない汗と呼ばれています。人は息をしながら水分を失っているようです。

・体の中で水分を多くためているのは筋肉です。筋肉を鍛えて、脱水症を予防できます。

 

第六問 かくれ脱水を予防するため、最も水分補給が大切なタイミングは?A 朝、起きた時 B 夜、寝る前

正解:B 夜、寝る前

・睡眠時は長時間、水を飲めないため、脱水症状になりやすいとのこと。もちろん、朝起きてからの水分補給も大切。コップ一杯くらいの水を飲むことを心がけると良いようです。

・炭酸は胃を刺激して、空腹になりやすいので、寝る前は微炭酸くらいが良いようです。



硬水・軟水の問題

軟水と硬水の違い

 

・カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが少ない→軟水

・カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多い→硬水

第七問 熱中症対策により効果的なのは?A 軟水(ミネラルが少ない) B 硬水(ミネラルが多い)

正解:A 軟水

・ミネラルが多い硬水は水分の吸収を妨げる場合があるようです。水とマグネシウムが混ざると吸収率が下がる可能性があるとのこと。

 

第八問 夏太り対策に効果的なのは?A 軟水 B 硬水

正解:B 硬水

・硬水のマグネシウムは胆汁の働きを弱め、脂肪吸収を抑える効果が期待できます。マグネシウムの脂質の吸収抑制は、食事と一緒にとると効果的です。

【林修の今でしょ講座】マグネシウムの驚きの効果/量が多い食材は?横田邦信先生が登場。

 

第九問 寝る前に飲んだ方がより良いのは?A 軟水 B 硬水

正解:A 軟水

・ミネラルの多い硬水を飲むと胃が活性化し、体が活動をはじめてしまい、睡眠に悪影響を与える時もあるようです。

・朝起きた起きには、硬水を飲むと良いです。睡眠中に汗で失ったミネラルを硬水で補給できます。

水ゼリーとこうじ水

水が苦手な人でも食べられる、水分補給に効果的なのは水ゼリーでした。水ゼリーの作り方はとてもかんたん。お湯にゼラチンを入れ、冷蔵庫で約1時間冷やすだけ。きな粉や黒蜜をトッピングすれば美味しいスイーツに大変身します。

また、血流や腸の働きを改善するためのオススメの水は「こうじ水」。作り方は米麹を水に浸し、一晩冷蔵庫で冷やすだけ。米麹に含まれる酵素には、血流や腸のを働きを整える働きがあるようです。



感想とまとめ

感想とまとめ

7月23日放送の【林修の今でしょ講座】。夏の水の正しい飲み方が紹介されましたが、とてもわかりやすく、役に立ちました。これから暑くなり、熱中症にも気をつけたいと思うので、番組で紹介されたお役立ち情報をさっそく試してみたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA