人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【ヒルナンデス】こんにゃく置き換えレシピ7つ|糖質ダイエットに効果的(9月3日)

【ヒルナンデス】氷こんにゃくレシピ|糖質ダイエットに効果的

2019年9月3日放送【ヒルナンデス】では、いまダイエットにも効果があると注目されている「氷こんにゃく」の特集でした。氷こんにゃくって何?おいしいの?氷こんにゃくを使ったレシピはある?気になる情報をまとめました。氷こんにゃくを使ってダイエットをしたい方は参考にどうぞ!

関連記事【ヒルナンデス】頑張らないダイエット!おから・スマホ・スーパーボールダイエットのやり方

番組で氷こんにゃくレシピを教えてくれたのは金丸絵里加先生。詳しいレシピをご覧になられたい方は、こちらの本を参考にどうぞ。

氷こんにゃくの基本の作り方

氷こんにゃくの作り方はとても簡単です。

  1. こんにゃくを食べやすい大きさにカットする
  2. 保存容器に入れて冷凍庫でしっかり凍らせる
  3. 解凍したら、キッチンペーパーなどを使い水をしぼりとる

これだけ!こんにゃくをカットする大きさは、作りたい料理に合わせて調整すればOK。解凍後はしっかりと水をきるか、ふきとりましょう。油はねの原因になります。

魚介類を再現するには、白こんにゃくを使うといいようですよ。

氷こんにゃく置き換えレシピ7つ

9月3日【ヒルナンデス】で紹介された氷こんにゃく置き換えレシピ7つです。

画像は全て日本テレビ【ヒルナンデス】より引用

1,こんにゃくの肉なし回鍋肉(約114kcal)

肉なし回鍋肉の画像

【作り方】

こんにゃくをホイコーロのお肉より少し大きめのサイズに切り分ける

臭みをとるために軽く水洗いして、冷凍庫でこおらせる(一晩、5〜6時間)

袋のまま水につけて解凍したら、手で絞り水分をぬいていく

氷こんにゃくを肉の代わりにして、回鍋肉を作る

2,氷こんにゃくの生姜焼き(1人前約89kcal)

氷こんにゃくの生姜焼き

こんにゃくを豚肉風の大きさにきりわける

味がしみこみやすいように切れ目をつけ、氷こんにゃくを作る

解凍したら、それに調味料を染み込ませる

氷こんにゃくを使って生姜焼きと作る

3,氷こんにゃくのキーマカレー

氷こんにゃくのキーマカレー画像

こんにゃくを細い棒状になるまで細かく切っていく

さらに5mm角程度に細かくみじん切りにして、氷こんにゃくにする

解凍したら、野菜と一緒に炒める

特製トマトソースを使ってキーマカレーにする
特製トマトソース

4,イカ風こんにゃくの中華風野菜炒め

イカ風こんにゃくと野菜の中華風炒め

白こんにゃくを4つに切り、さらに半分に。いかのお刺身のような形に薄く切っていく

ポリ袋につめて一晩冷凍。スジっぽいものが入り、氷こんにゃくになる

鶏ガラスープを入れて、味を染み込ませる

氷こんにゃくをイカに見立てて、野菜炒めを作っていく

5,ホタテ風こんにゃくのクリームシチュー(1人前約320kcal)

氷こんにゃくホタテのシーフード風クリームシチュー

クッキーの型で白こんにゃくをくり抜いていき、ホタテの形にする

冷凍して氷こんにゃくにする

氷こんにゃくをホタテに見立てて、クリームシチューを作っていく

6,氷こんにゃくマカロニのアラビアータ

氷こんにゃくマカロニのアラビアータ

白こんにゃくを1/8の大きさに切り分け、1センチ角のスティック状にカットしていく

袋に入れて冷凍する。マカロニのような形状になる

ポイントは冷凍時間を少し短く(2,3時間)

食感がモチモチして、よりマカロニに近い味になる

7,氷しらたきのミートパスタ(糖質は約70gカット!)

氷しらたきのミートソースパスタ

しらたきを袋につめて凍らせる

ポイントは、2,3時間冷凍するだけ。水分がほどよく抜けてパスタのようなもちっとした食感になる

氷しらたきパスタを使って、ミートパスタを作っていく




氷こんにゃくのダイエット効果

氷こんにゃくはダイエットと相性抜群といわれています。どんなダイエット効果があるのでしょうか。代表的な効果を4つ紹介します

  1. 低糖質、低カロリー
  2. お肉や魚の代用になる
  3. 食物繊維が多い
  4. 満腹感がある

低糖質、低カロリー

よく知られているように、こんにゃくは低糖質、低カロリー。というかほとんどゼロに近いです。100gあたり7キロカロリー、糖質は0.3グラム。この点から糖質制限ダイエットに向いていますね!

お肉や魚の代用になる

氷こんにゃくは一度凍らせて解凍することで、食感が肉や魚に似ています。「肉もどき」とも呼ばれますね。肉や魚で脂肪や糖質のとりすぎを気にする人は、何回かの食事を氷こんにゃくで代用させることで、ダイエット効果が期待できます。

食物繊維が多い

氷こんにゃくには食物繊維が多くふくまれています。お通じがうよくなり、下腹部のぽっこりお腹の解消にもなります。

関連記事【林先生の初耳学】ぽっこりお腹を逆腹筋で解消!そのやり方は?

満腹感がある

こんにゃくは食べると満腹感を感じやすい食材です。その効果は凍らせても変わりません。氷こんにゃくを先に食べて早めに満腹感を感じられれば、全体の食事量を少なく抑えることができます。

他に、脂肪燃焼を促進する働きもあります。これは、最高のダイエット食材ですね!



さっそく試してみよう!

氷こんにゃくを使ったレシピ、難しくないですね!今日からでもすぐに試せそうです。食感もよく、肉や魚の代用ができそうですので、糖質を減らしてスリムなカラダになりたい方はぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA