人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】知らなきゃ損?

【この差って何ですか?】コーヒー+豆乳が血管に良い/効果的な飲み方とは?

【この差って何ですか?】コーヒーは血管に良い/どのように飲むのが効果的?

2019年5月7日放送【この差って何ですか?

血管年齢を若返らせる食事・運動・入浴などが紹介されました。

その中でもコーヒーには驚きの健康効果が

体に良いコーヒーの飲み方とその健康効果をまとめました。

コーヒーが体に良い?

コーヒーが体に良い?

・昼食時にコーヒーを飲むのは血管にいい

 

・コーヒーには発ガン性物質が含まれると言われていたこともあったが、

 

・先生によると、「コーヒーを何杯か飲むことでガンが増えることはない」

 

・コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸が悪玉コレステロールを取り除く働きがある

 

・コーヒーを一日何杯、どのように飲むのが効果的?

 

・国立がん研究センターの調査結果では、ほとんどコーヒーを飲まない人に比べて、1日3~4杯飲む人は心筋梗塞で亡くなるリスクが36%減、脳梗塞で亡くなるリスクが43%減。

 

・ただ、飲めば飲むほどいいわけではない。カフェインは心臓を刺激する働きもあるので、1日3~4杯がベスト。

 

何事もやりすぎは良くないですね!

 

他にも、コーヒーと組み合わせの良い食材も紹介されました。

 

・コーヒはどのように飲むと良い?

 

・ソイラテ。

 

コーヒー+豆乳は最高の組み合わせ。

 

・豆乳に含まれているイソフラボンには悪玉コレステロールを取り除く働きがある。



ソイラテ、オススメです。

 

少し豆乳を混ぜるだけで、悪玉コレステロールを取り除けるなら、お手軽ですね。

 

血管にいい運動

番組では血管にいい運動も紹介されました。

・血管にいい運動とよくない運動がある。

 

・血管にいい運動はウォーキングなどの有酸素運動。

 

・ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれている。運動することでふくらはぎの筋肉が収縮・拡張を繰り返し、血管がポンプのような働きをする。そうすると全身の血流がよくなり、毛細血管まで血液が届く。

 

・なぜ有酸素運動がいいか?有酸素運動とは体内に絶えず酸素を取り込み行う運動のこと。有酸素運動を行うと、体の隅々まで酸素が運ばれて、全身の血管の細胞が活性化される。すると、一酸化窒素という血管を柔らかくしなやかにする物質が分泌される。

 

・それに対して、筋トレなど、呼吸を止めてしまいがちな無酸素運動の場合は、体に取り入れられる酸素の量が少なく、一酸化窒素があまり分泌されないため、無酸素運動をしても、血管が柔らかくしなやかにはなりにくい。1日に8000歩以上歩く人は8000歩未満の人と比べて脳出血の原因となる高血圧になるリスクが約40%低い。

 

・1日30分から1時間ウォーキングすると、病気になりにくい血管を作ることができる。

 

・運動するならどんな時間帯がいい?

 

・血管のためには朝よりも昼や夜に運動するのがいい。

 

・脳梗塞発症者数は午前8時~10時が最も多い。

 

・寝ている間にコップ1杯くらいの水分が汗となって出るため、脱水状態に。その状態で朝運動するとさらに汗をかき、血液の水分が減少する。その結果血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まる。

 

コーヒー+豆乳に加えて、適度な運動は欠かせませんね。

 

有酸素運動とソイラテを生活に取り入れて、血液をサラサラにしたいものです!



まとめと感想

感想とまとめ

コーヒーに対する正しい知識を知ることができました。

コーヒーには悪玉コレステロールを取り除く効果が期待できるようですね。

1日3~4杯飲むくらいであれば、適量ということですので、飲み過ぎに気をつけながらコーヒーを積極的に飲みたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA