人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【この差って何ですか】タピオカミルクティーは太る?スイーツで太りにくいものは?

【この差って何ですか?】 タピオカミルクティーは太る? 太らないスイーツとは?

2019年7月23日放送【この差って何ですか】では、太るスイートと太らないスイーツの差が特集されました。注目はいま大人気のタピオカミルクティー。タピオカミルクティーは果たして太るスイーツなのかどうでしょうか?また、食べても太りにくいスイーツはなに?番組で紹介されたお役立ち情報を感想とともにまとめました。

太りやすさとカロリーの関係

カロリーは糖質、脂質、たんぱく質を合わせた数値です。この中で、たんぱく質は太る原因にはならず、むしろダイエットに向いている栄養素とも言えます。また食物繊維は糖質と脂質の働きを抑えます。

ですので、糖質と脂質を抑え、たんぱく質と食物繊維を多く摂ると、ダイエットには効果的ですね。



太りやすいスイーツ

カロリーが高いランキング

第1位 チョコアイス

第2位 宇治金時

第3位 バニラアイス

第4位 タピオカミルクティー

第5位 ソフトクリーム

第6位 フルーツあんみつ

第7位 わらび餅

第8位 くずきり

太りやすいスイーツ

第1位 タピオカミルクティー

・(下記見出し参照)

第2位 バニラアイス

・生クリームと砂糖は、脂質と糖質。空気が少ないのでソフトクリームよりも脂質と糖質は多い。

第3位 チョコアイス

・カカオが食物繊維なので、糖質と脂質の吸収を抑える。

第4位 宇治金時

第5位 くずきり

第6位 わらび餅

・きな粉がポイント

第7位 ソフトクリーム

・空気をたくさん含んでいて、見た目よりは質量が少ない

第8位 フルーツあんみつ

・寒天は天草が原材料。水分をのぞくとほとんどが食物繊維。あんこやフルーツにも食物繊維が豊富。



タピオカミルクティーは太りやすいスイーツ?

タピオカミルクティーは人気なスイーツですが、原料のキャッサバが糖質のかたまりです。さらに、タピオカの黒色はカラメル。カラメルも糖質のかたまりです。

そして、ミルクティーにも大量の砂糖が含まれているので、タピオカミルクティーには大量の糖質が含まれていることになります。

タピオカミルクティーの糖質量はご飯2杯ぶん。角砂糖に換算すると24個ぶんとのことでした。

太らないための交換条件食材

豆乳とバルサミコ酢をスイーツに加えると、太りにくいスイーツも、太りにくくなる効果を期待できます。

豆乳

投入にはビタミンB1が含まれており、糖質をエネルギーに変える働きがあります。タピオカミルクティーのミルクを豆乳に変えるというのも一つの方法ですね。

バルサミコ酢

バルサミコ酢に含まれる酢酸が血糖値の上昇を抑えます。バニラアイスにバルサミコ酢をかけても美味しいですね。

感想とまとめ

感想とまとめ

タピオカドリンクの糖質はかなり多いということがわかりました。夏に飲むと本当に美味しいですが、ダイエット中は控えないといけません。ミルクの代わりに豆乳を使う方法も紹介されましたので、試してみたいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA