人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【教えてもらう前と後】スマホ老眼とは?改善トレーニングのやり方(8月20日)

【教えてもらう前と後】スマホ老眼とは?改善トレーニングのやり方

2019年8月20日放送【教えてもらう前と後】は、「スマホ老眼」の特集。現代は、スマートフォンが原因で10代や20代でも「スマホ老眼」になる可能性があるとのこと。

番組では老眼改善に効果があるトレーニングが紹介されました。

【教えてもらう前と後】のお役立ち情報を感想とともにまとめました。

【教えてもらう前と後】の記事一覧

★スマホ老眼を教えてくれたのは医学博士・平松類先生でした

スマホ老眼とは?

スマホ老眼のチェックの仕方は、目とスマホの距離が30センチ以内かどうかを調べること。30センチ以内で見る人は、スマホ老眼の可能性があります。

若くて目のいい人が、目をスマホに無理に近づけてしまうと目に負担がかかってしまい、視力が悪くなるということですね。



老眼のチェック方法

  1. 人差し指の指紋側を顔にむける
  2. 指をゆっくりと目から離して、指紋がはっきり見える位置でストップ
  3. 30センチ以内なら健康。30センチ以上であれば老眼の可能性あり

改善トレーニングのやり方は?

老眼の改善に効果的なトレーニングはガボールパッチ

ぼやけた縞模様の中から同じ図形をさがすトレーニングです。番組でも紹介されていたように、本を買ってトレーニングすれば、かんたんです。

【教えてもらう前と後】でガボールパッチを試した人たち10人全員がたった1週間で視力アップしていました!中には0.5もアップした人も。これは驚きです!。

番組に登場した本はこちら↓

 ほかに、こちらの書籍も売れ筋です↓

ガボールパッチの他にも、【ホンマでっかTV】でも驚きの視力アップ方法が紹介されています。よゐこの濱口さんもチャレンジ。参考にどうぞ!

感想とまとめ

タブレットやスマホを習慣的に長時間見すぎると、若くても目を悪くしてしまいますね。スマホとの距離も注意しないといけません。

人に画面を見られたくないからといって、目をスマホに近づけすぎると、すぐに視力が落ちてしまいます。

適度に休憩を入れながら、スマホ老眼にならないよう、注意しようと思いました。

また、ガボールパッチの効果には驚きました。若いのに視力が落ちている人は、ぜひ試してみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA