人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【ソレダメ】アスパラガス特集/まっすーも登場。美味しい食べ方やレシピ、保存法のまとめ。

明日

2019年5月29日放送【ソレダメ!】では、アスパラガスについての新常識が特集されました。新常識ハンターとしてまっすーの愛称で呼ばれる増田貴久(NEWS)さんがアスパラガスの産地・富良野へ突撃取材。アスパラガスの美味しい食べ方やレシピ、保存法が紹介されました。番組で紹介された内容を感想とともにまとめています。

アスパラガスの健康効果

アスパラガスの健康効果

【ソレダメ】で特集されたアスパラガス。春野菜の王様と呼ばれています。さらに高い健康効果が見込めるということで、いま大注目ですね。アスパラガスは低カロリーでビタミンが豊富です。特に豊富なビタミンが美容に高い効果があるとされていますね。

 

グリーンアスパラガスは、ビタミンB1、B2、C、Kを豊富に含んでおり、葉酸も大量に含むので、貧血気味の人にはおすすめです。とくに穂先の部分には、ルチン、グルタチオンやアミノ酸などを多く含みます。ルチンやグルタチオンは強い抗酸化作用があるので、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防も期待されます。
アスパラガスに含まれる機能性成分に、アスパラギン酸があります。これはアミノ酸の一種で、その名の通りアスパラガスから発見された成分です。アスパラギン酸は、体内でのエネルギー代謝を活発にする作用があり、疲労回復や滋養強壮に役立ちます。また、タンパク質の合成を促進する作用があり、皮膚の新陳代謝を活発にして美肌効果が期待できます。そのほか、アンモニアを尿として排泄し、不眠症やイライラを防ぎます。末梢血管を拡張させて血圧を下げることで、動脈硬化を予防する効果なども期待できます。

引用元:キッコーマン

 

特にアスパラガスに含まれるアミノ酸の一種、アスパラギン酸には注目ですね。

アスパラギン酸の健康効果

 

・疲労回復

 

・滋養強壮

 

・皮膚の新陳代謝による美肌効果

 

・動脈硬化の予防

 

・アンモニアの排出を促進、不眠症やイライラの改善

 

ポイントはアスパラガスに含まれるビタミンとアスパラギン酸ですね。特に、皮膚の新陳代謝が促進されて期待できる美容効果には注目です。さらにアスパラプチンにはACEの働きを抑え、血圧を抑える効果が期待できるようです。



まっすー(増田貴久さん)が北海道に突撃レポート

【ソレダメ】ではNEWSのまっすーこと増田貴久さんが、新常識ハンターとしてアスパラガスの産地を突撃取材しました。アスパラガスの収穫量第一位は北海道です。まっすーが訪れたのは北海道の富良野。富良野の厳しい環境で育ったアスパラガスは旨味が多いことで有名とのこと。

 

富良野では、美味しい食べ方としてアスパラガスの根元で冷製ポタージュスープを作ったり、卵焼きに混ぜて食べたりしているようです。さらには、アスパラを食べて育ったアスパラひつじも育てられているようです。

「アスパラガスの卵焼き」

アスパラガスの卵焼き

「アスパラガスの冷製ポタージュ」

アスパラガスの冷製ポタージュ

 

まっすーはアスパラガス農家「寺坂農園」を訪問しました。

 

美味しいアスパラの見分け方

 

・アスパラ → オスとメスが存在

 

メスにはアスパラギン酸が豊富に含まれている。味も美味しい。

 

・見分け方は穂先。メスの穂先がシュッとしてしまっている。オスは開いている。

 

・さらに、袴が正三角形であるほど、新鮮でおいしい。



アスパラガスの保存方法

アスパラガスは収穫後も成長を続けます。そこで栄養を長持ちさせるため、アスパラガスの成長を止める必要があります。そこで、アスパラガスを冷蔵庫に立てて保存すると、栄養を長持ちさせることができます。横にして保存すると、穂先を立てようとアスパラガスが栄養を使ってしまうようです。

さらに、ペットボトルに少し水を入れてアスパラガスを立て、ジュースなどを保存する場所に立てて保存すれば、1週間ほどは持つようです。

 

アスパラガスの美味しい食べ方とレシピ

アスパラガスの美味しい茹で方

 

1アスパラガスを茹でる時はオリーブオイルを入れる

 

2お湯にオリーブオイルを入れてアスパラをコーティングし、水溶性の栄養がお湯に溶け出すのを防ぐ

 

3お湯2Lに対し、オリーブオイル大さじ1が目安

 

4先に軸を30秒茹で、その後穂先を3分茹でる

 

ベーコンに含まれるタンパク質とビタミン12に貧血予防の効果があるので、アスパラベーコンにして食べると、高い健康効果が期待できるようです。

「アスパラベーコン」

アスパラベーコン

 

アスパラの浅漬けレシピ

 

アスパラガスの浅漬け

 

1.根元の固い皮をピーラーでむく

 

2.塩を振って軽くもむ

 

3.アスパラを適当な大きさに手でおっていく

 

4.保存袋に入れて、冷蔵庫で1晩おくだけ。何も加えなくて良い

 

ポイント:アスパラギン酸の疲労回復効果と夏場に失いがちな塩分を補給できます。

 

アスパラ+いももちのレシピ

 

アスパラいももち

 

1.皮をむいたジャガイモ(4個)を茹でて潰す

 

2.そこにバター(10g)、茹でたアスパラのみじん切り(2本)、片栗粉(70g)を加え混ぜる

 

3.最後にチーズを包み造形

 

4.油とバターで焼いていく

 

5.ポイント:アスパラとジャガイモのビタミンA.C.Eで美肌効果が期待できる

 

感想とまとめ

感想とまとめ

アスパラガスに期待できる高い健康効果には驚きでした。美味しくて体にも良く、美容効果もあるアスパラガス。買って食べない理由はないですね。番組で紹介されたアスパラガスの美味しい食べ方やレシピをぜひ試してみたいと思います。同じ日に放送された「ぽっこりお腹の解消法、腹ペタ体操」はこちらでどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA