人気記事:白髪や抜け毛対策に【ブロッコリースプラウト】!

【ソレダメ】お肌の紫外線対策、シミ・シワ・たるみの新常識。日焼け止めの塗り方や日傘のさし方など、まとめ!

【ソレダメ】 お肌のトラブル 紫外線特集!

2019年7月17日放送【ソレダメ】は紫外線対策の特集でした。紫外線が引き起こす肌のメカニズムや対策、日焼け止めの塗り方や日傘のさし方などが紹介されました。番組の情報を感想とともにまとめました。

*番組に登場した専門家は、東京銀座クリニックの三浦麻由佳です。

紫外線によるシミ・シワ・たるみのメカニズム

紫外線から肌を守るためにメラニンが発生。メラニンは若い頃であれば体の外に排出されるが、年をとると代謝が落ちて、肌の奥に残ってしまいます。それが、シミの原因です。

また、紫外線を浴びると肌の内側に活性酸素が発生。活性酸素は紫外線を浴びれば浴びるほど増加するとのこと。活性酸素は弾力や水分を保つコラーゲンを攻撃。ダメージを受けた肌にはシワやたるみが生じます。活性酸素は代謝も落とします。

それで、シミ・シワ・たるみの元凶は活性酸素と言えます。



最新の紫外線対策

日傘のさし方や日焼け止めクリームの塗り方など、番組で紹介された最新の紫外線対策情報をまとめました。

日傘のさし方

日傘のさし方のポイントは、鼻から約30センチの位置(低い位置)で持つ。そうすることで、紫外線を90%カットできるとのことでした。

また、紫外線対策に効果的な日傘の色は、黄色!黒は白の7倍の紫外線をカット、黄色はなんと白の10倍の紫外線をカットだそうです。



室内でも日焼けする

紫外線は窓ガラスやカーテンを透過するので、室内でも紫外線対策が必要です。オススメは「紫外線カットスプレー」!

遮光カーテンは値段が高めですが、スプレーなら手持ちのカーテンにさっとかけるだけなので、簡単です。

朝のオレンジジュースはだめ

オレンジに含まれるソラレンは肌に達すると、紫外線を吸収してしまう働きがあります。そのため、通常よりも多くの紫外線を肌に吸収してしまいます。その効果は7時間も持続するとのこと。朝にオレンジジュースを飲むと、日中紫外線を多く吸収してしまうので、注意が必要とのことでした。

他にも、レモン、キウイ、ジャガイモ、セロリなどにも光毒性があるので、朝ではなく、夕方以降に飲むと、紫外線対策には効果的のようです。

朝に飲むと良いのはコーヒー。コーヒーに含まれるクロロゲン酸には抗炎症作用があり、お肌が紫外線から受けたダメージを和らげる作用があるようです。

日焼け止めクリームの塗り方

肌にこすり付けるように塗るのはNG。肌の盛り上がっている部分は、こそぎ落とされてしまい、紫外線カットの効果が弱まります。正しい塗り方は、トントンと軽く叩きながる塗ること。クリームが肌の凸凹に馴染むようですよ。

注意点は、日焼け止めクリームは外出の30分前に塗ること。日焼け止めが肌の角質に馴染むまでには少し時間がかかるようです。



日焼け止めが使えない場合?

最近のプールでは、日焼け止めを塗っての入水が禁止されている場所も多いようです。そんな時は、体の中から紫外線対策をしておくことが効果的です。日焼け止めに効果的な食材は「鮭」

鮭に含まれる成分アスタキサンチンには、活性酸素を取り除く働きがあります。結果、紫外線を浴びても、シミ・シワ・たるみを防ぐ効果が期待できるとのことです。

オススメの食べ方は、サケの水煮缶。アスタキサンチンを含む紅鮭を選びましょう。

例えば、鮭の水煮缶を味噌汁に入れたり、オリーブオイルで炒めたりすると、効率よくアスタキサンチンを摂取できます。さっそく、作ってみたいですね。

ナスの美肌効果

番組では、夏に美味しいナスにも美肌効果があると紹介されました。

関連記事:【ソレダメ】ナスがお肌に良い?ナスの見分け方や、油の吸いすぎを抑える技、まとめ!

感想とまとめ

感想とまとめ

お肌の紫外線特集、参考になりました。日焼け止めの塗り方や、日傘のさし方などは、目からウロコの新常識でした。さっそく試してみたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA